クイズ「12+1=稲、4+6=海、3+7=?」のヒントと解説

スポンサーリンク

「12+1=稲」「4+6=海」「3+7=?」?に入る言葉は何でしょうか。

これは、ネットで話題になったクイズです。このクイズ、見た目のシンプルさに反してかなり難易度が高く、自力で解くのはなかなか難しいのではないでしょうか。

ここでは、どうしても自分の力で解いてみたい!という方向けに、徐々にヒントを出していきます。そして最後には、しっかりクイズの解説もしますよ。

問題に挑戦!何個目のヒントでひらめきますか?

ここからは、徐々にヒントを出していきます。答えが分かった時点で、一気に下にスクロールして答えを確認してみてください。では、問題のおさらいをしておきます。

「12+1=稲」「4+6=海」「3+7=?」?に入る言葉は何でしょうか。

1つ目のヒント

「10+12=鳥居」です。1つ目ですから、まだそこまで簡単にはなりません。解く手がかりが増えましたので、もう一度頭を働かせてみてください。

2つ目のヒント

「7+6=旨味」です。もう1つ手がかりが増えました。

3つ目のヒント

漢字をひらがなにしてみてください。ここから先のヒントは、具体的にどういう視点で解いていくかが明かされます。ひらめくことができるでしょうか。

4つ目のヒント

出てくる数字は1~12の間というところがポイントです。言ってしまいますが、これがかなりポイントです。

5つ目のヒント

もう正解に近いです。ひらがなは、下のように2つに分けます。
12+1=いね
4+6=うみ
10+12=とりい
7+6=うまみ

最終ヒントです!

「とり」とか「うま」とか動物の名前が多いような気がしますよね。


以上でヒントは終了です。まだ解けてないという方も大丈夫です。解説を先に行いますので、そこでひらめいてみてください。

いよいよクイズを解説!脳がスッキリします

では、答えを発表していきましょう。

まず、このクイズの大きなポイントは、4つ目のヒント「出てくる数字は1~12の間です」にあります。

12個あるものと聞いて思い浮かぶものはなんでしょうか。1ダースは12個ですね。時計の文字盤も12あります。あとは、星座占いも12星座です。他には、干支も12ですね。

勘の鋭い方は、今のでピンときたのではないでしょうか。では、これを踏まえてもう一度問題をひらがなにして見てみましょう。

  • 12+1=いね
  • 4+6=うみ
  • 10+12=とりい
  • 7+6=うまみ

わかりましたか?1~12それぞれの数字は、干支を表していたのです。つまり、

  • 1→子(ね)
  • 2→丑(うし)
  • 3→寅(とら)
  • 4→卯(う)
  • 5→辰(たつ)
  • 6→巳(み)
  • 7→午(うま)
  • 8→未(ひつじ)
  • 9→申(さる)
  • 10→酉(とり)
  • 11→戌(いぬ)
  • 12→亥(い)

ということです。

仕組みがわかったところで、改めてクイズを見てみましょう。「12+1=稲」「4+6=海」「3+7=?」?に入る言葉は何でしょうか。

3は「とら」、7は「うま」ということで、正解は「トラウマ」になります。見事正解された方、おめでとうございます。

家族や友達に出題して盛り上がろう

いかがでしたでしょうか。なかなか難しいクイズではあったと思いますが、答えがわかったときはスッキリしたのではないでしょうか。

こういったクイズを家族や親戚が集まる場で出してみたり、友達に挑戦してもらったりしてもおもしろいでしょう。悩んでいる姿を横目でみながら少しずつヒントを出して、最後はスッキリさせてあげてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました