40代の転職で苦労するかもしれない理由

スポンサーリンク

転職を考える時期は人それぞれですし、人によっては40代で転職を考えることもあるかもしれません。しかし、40代での転職には苦労が伴うかもしれません。この記事では、転職で苦労してしまうかもしれない、転職市場で感じるような困難の理由を紹介します。今後の転職を考えているのであれば、これらの事由について考えておくべきかもしれません。

求人側のニーズと転職活動をしている側のギャップ

40代というと、これまで10年以上前の企業で勤めてきた経歴のある方、という見られ方を一般的にはされます。そういった経験ある方に企業が求めるのは、前の企業で培った営業能力、チームマネジメント能力を活かして転職後の活動では即戦力として働いてくれることです。能力も重視されることは多いのですが、同時にこれまでの実績や経験も重視されるのが40代の転職における求人する側のニーズなのです。つまり、40代で転職してくる人にゼロから仕事を教え込んで一人前にしていこう、と考えている企業は決して多いわけではないのです。新しい環境を求める転職者と即戦力として40代を採用したい企業のニーズに生じたギャップが転職における困難の理由かもしれません。

そのため、これまでの仕事に見切りをつけて全く新しい分野で働きたい、と感じる方にとって40代での転職は苦労を伴うものになるかもしれません。逆に全く異なる業種に飛び込んだとしても、活かせるようなスキルがあったり、経験を積んでいたりすると即戦力としての採用を見込めるため、全くゼロからの採用を目指す転職者に比べれば採用はされやすいと言えるでしょう。自身のスキルや経験を鑑みて、転職先の現場で戦っていけるのかどうかを一度考えてみるといいかもしれません。

若い職場だと扱いにくいと思われているかも

転職者はフレッシュな職場で働きたいから、設立間もなくスタッフも若い活気ある職場で働きたい、と転職活動をしているのかもしれません。ですが、若いスタッフの多い職場では若いからこそ居心地が良いと感じている場合があります。そこへひとつ世代が上となる方が入ってくると、話題が違ったり仕事の進め方が違うのではないか、と受け入れる職場の側も戸惑ってしまうというのが本音かもしれません。中には本当に業界を知っている方を受け入れたいと考えている会社もあるので、その企業がどのような人材を求めているのかをしっかり見極めて転職活動を進めることが苦労をせずに転職先を見つける有効な方法なのです。

転職活動を40代でするなら実績とスキルを武器に

転職活動は様々な自分の武器をアピールするものですが、40代で転職活動を行うのであれば即戦力として認められるようなスキルや実績をアピールするのがいいでしょう。どのような人材を企業が求めているのかをしっかり分析して、それに応えることが出来るとアピールすることで苦労の少ない転職活動が出来るのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました