事故受付コールセンターで働くのはきつい?辛いと感じる理由とは

事故受付コールセンターで働くのはきつい?辛いと感じる理由とは
スポンサーリンク

数ある職業の中で、事故受付コールセンターで働こうと考えている方もいるのではないでしょうか。

事務的な対応は、一見すると簡単そうに見えるかもしれませんが、きついと感じる方が多い仕事でもあります。

ここでは、事故受付コールセンターの仕事をきついと感じる理由について解説していきます。

事故受付コールセンターの仕事内容

事故受付コールセンターでは、自動車保険や損害保険に加入している方が事故を起こした際、実際の事故の内容について聞いて内容をまとめることがオペレーターの主な仕事内容です。

勘違いする方も多いですが、事故の状況を聞いて適応される保険や法的な手続きについてアドバイスする立場ではなく、事故の内容を正確に記録するのが仕事になります。

そのため、自動車保険や損害保険に関する知識が無くても、情報を聞き取る能力があれば務まるといえます。

事故受付コールセンターの仕事がきついと感じる理由

なぜ事故受付のコールセンター業務がきついと言われるのかを見ていきましょう。

1.正確な事故の聴取が求められる

事故受付コールセンターのオペレーターをきついと感じる理由の一つに、正確に事故の内容は状態を聴取する必要があるというものが挙げられます。

コールセンターの多くはクレーム対応や簡単な電話対応をするだけなので、それほどきついと感じないかもしれませんが、事故受付に問い合わせる人によっては、パニック状態になっていることも珍しくありません。

そういった方から事故の状況を聞くのは簡単ではなく、そのような対応が続くとどうしても疲労感が強まってしまいます。

また、正確な聴取能力が求められるため、長い時間集中することから「きつい」と感じる方も多いです。

2.時給が安いことがある

これは職場によって異なるものですが、事故受付コールセンターのオペレーター業務は仕事内容に対して平均時給がそれほど高くありません

一般的なアルバイトに比べれば高い時給だといえますが、集中力や聴取能力が必要とされる仕事なので、時給が低めのコールセンターで働くときつく感じてしまうかもしれません。

事故受付コールセンターでの仕事が楽になる働き方

どのようにすれば事故受付のコールセンター業務が楽になるのかを見ていきましょう。

1.困ったときは保険会社の担当者や専門スタッフに代わってもらう

基本的に事故受付コールセンターでは保険に関する内容には対応しませんが、問い合わせる方の中には「今すぐにでも保険が適応されるか教えてほしい」という方も少なくありません。

そういった方の相手を丁寧にしていると、仕事を辛く感じることもあります。

多くの事故受付コールセンターには保険会社の社員や勤務経験のある相談員が常駐しているので、困ったときは相談員に電話を代わってもらうのがおすすめです。

2.スキルアップだと思って仕事をする

聴取能力が必要とされる仕事に対して疲れてしまう方は多いですが、逆に「人の言ったことを聞いてまとめる能力が身につけられるかも!」と思って仕事をしてみるのも良いでしょう。

自分のスキルアップに繋がっているような気分になり、きつく感じていた仕事が楽に感じるようになるかもしれません。

3.転職をする

事故受付の業務はコールセンターの仕事の中でも覚えることが多く、難易度が高いと感じる人も多いです。

そのため、もし事故受付のコールセンター業務の経験がある方は少し難易度を下げたコールセンターの仕事ができる会社に転職するのも良い手段です。

コールセンターの業務の紹介で有名なのが株式会社コールナビが運営しているコールシェアです。飲食店へのアンケートなどの発信業務を主な仕事としています。

  • 在宅でできるのでおすすめです。
  • コロナ禍で自粛ムードで需要高!

コールシェアは在宅でできるので通勤もなく、気軽にお仕事をすることができます。

事故受付のコールセンターは働き方によってきついと感じることも

事故受付コールセンターは仕事内容が他のコールセンターと少し異なるため、働き方によってはきつく感じてしまうこともあります。

きつく感じたときは、ここで紹介した内容を参考に働き方を変えてみたり、自分なりに工夫してみたりするのも良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました