ブラックブレットの打ち切りは作者の体調不良が原因?真相を調べてみた。

ブラックブレットの打ち切りは作者の体調不良が原因?真相を調べてみた。
スポンサーリンク

ブラックブレット」はダークな世界観が人気を博し、アニメ化もされました。

ブラックブレットは2014年4月の第7巻の発行を最後に、打ち切りとなっています。世間ではアニメ化第二弾が期待されましたが、未だ叶わない状態です。

そこで当記事では、当作品が打ち切られた理由に関して、作者の言動などから探ることにします。

\電子書籍サイトをお得に使える知識/

どうも管理人です。

「読んだ瞬間から使える」電子書籍サイトをお得に使う誰も教えていない方法を教えています。

【暴露】U-NEXTは全然お得じゃない!電子書籍を「本当」にお得に読む方法と知識

「漫画をもっとお得に!」という思いから書いていますのでぜひ参考にしてください。

なんでみんなU-NEXTばかり進めているのか?

アニメ版の評価も高い

「ブラックブレット」は、2011年7月に刊行されたライトノベルで、著者は神崎紫電となっています。

同作品を原作とする漫画も作られており、作画は鵜飼沙樹が担当していました。

原作は第7巻まで刊行され、漫画の方は第4巻までとなります。

アニメ放送は2014年4月〜7月で、全13話となっています。

「ブラックブレット」は、謎のウィルス「ガストレア」との闘いを描いた作品で、ウィルス抑制因子を持つ少女らが活躍するという内容です。

アニメ版では、ガストレアとの死闘を描いた第1巻から、戦いが収束した第4巻までが放映されています。

キャラクターデザインもしっかりしており、演出も見事と評価されていました。特に戦闘シーンの迫力が見応えのあるものに仕上がっています。

タイトルとURLをコピーしました