スポンサーリンク

黒執事ヴィンセント死に顔考察!人気漫画黒執事葬儀屋の正体はシエルの父親?

スポンサーリンク

ダーク・ファンタジーの傑作「黒執事」

「黒執事」のカテゴリーはダーク・ファンタジーです。メインキャラは二人で、若くして会社を経営するシエルと、執事のセバスチャンです。

シエルは両親を殺害されました。裏社会にも通じているシエルは、復讐することを誓っています。シエルの世話をするセバスチャンは、執事として仕えていますが、実は悪魔です。シエルが復讐を成し遂げたら、魂をもらうという契約を交わしました。

マフィアの暗躍や死神の登場など、ドラマティックなストーリー展開が持ち味で、ミステリーの要素が強いです。

「黒執事」は2006年から、スクウェア・エニックス「月刊Gファンタジー」で連載が始まりました。海外でも人気があり、単行本31巻の累計発行部数は3000万部を突破しています。

美しいキャラクターがたくさん登場するので、女性からの人気が高いです。特に、黒ずくめのセバスチャンはファンが多く、コスプレをする男装女子もいます。

原作者の枢やなにとって、本作品は代表作になります。

「黒執事」に登場する魅力的なキャラクター

「黒執事」には、万能の悪魔セバスチャンや、屈折した性格を持ちながらも頭脳明晰なシエルをはじめ、魅力的なキャラクターが数多く登場します。

故人ですが、シエルの父親であるヴィンセント・ファントムハイヴも大人気のキャラクターです。黒髪の美男子で、有能な経営者として手腕を発揮していました。しかし、妻のレイチェルや使用人とともに殺害されてしまいます。美麗なビジュアルなので、漫画でもアニメでもヴィンセントは多くのファンを魅了しました。

「黒執事」の熱心なファンは、作品への想いや考察をブログに書く傾向があります。中にはヴィンセントと葬儀屋の繋がりについて言及しているファンもいます。

葬儀屋の正体は死神ですが、今では組織を離れてファントムハイヴ家の協力者になっています。ヴィンセントの写真を見て泣くシーンがあり、葬儀屋とは過去に因縁があったのではないかと想像しているファンは多いです。

今後、ストーリーが進むにつれて、関係が明らかになるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました