夜間のコールセンターでバイトするのがきついと感じる理由は?

夜間のコールセンターでバイトするのがきついと感じる理由は?
スポンサーリンク

昼間に友達と遊びたかったり、高時給を希望していたり、さまざまな理由から夜間のコールセンターでアルバイトしている方は少なくありません。

しかし、「夜間のコールセンターで働くのはきつい」と言う方は多いです。

ここでは、夜間のコールセンターで仕事をしていてきついと感じる理由や、そのときの対処法などを紹介します。

コールセンターの夜勤ってどんなバイト?

コールセンターの夜間バイトは、夜にかかってきた顧客からの問い合わせなどに対応するアルバイトです。

昼間にはその企業の社員が担当していることが多いコールセンターですが、24時間稼働が必要な場合もあり、夜間では人件費削減のため、アルバイトで対応しているところも少なくありません

電話での問い合わせに対応するのが主な仕事ですが、夜勤のため時給が高く、それでいて特別なスキルを要しないので始めやすいアルバイトだといえます。

コールセンターの夜間バイトがきついと感じる理由

夜間にコールセンターでアルバイトするのを楽だと感じる方がいる一方、きつく感じるという方も多いのではないでしょうか。

理由はさまざまですが、大きな理由として挙げられるのが「眠い中で丁寧に話すのが辛い」というものです。

夜間のアルバイトはコールセンター以外にも数多くの業種が存在しますが、とりわけコールセンターでは「顧客への丁寧な対応」が求められます。

しかし、基本的に人間にとって深夜は眠りたい時間帯でもあり、勤務中に眠たくなることはおかしなことではありません。

ところによっては休憩時間を設けていることはありますが、そういった時間がない場合は「いつ電話が来るかわからないから、休みたいけど休みづらい」と感じる方も少なくありません。

また、場合によっては一人当たりの仕事量がとても多いこともあります。

例えばガスや水道などライフラインに関するコールセンターでバイトする際、夜間に突如ライフラインにトラブルが発生すると、コールセンターに問い合わせが殺到する可能性は少なくありません。

慌てている方も多いので、そういった方に対する丁寧な対応が求められることから、一度の電話に要する時間が増え、結果として仕事量増加に繋がることもあるでしょう。

夜勤コールセンターがきついと感じた時の対処法

リラックスして対応する

顧客からの問い合わせに対応するからと対応する際に緊張する方は少なくありませんが、これは疲労の原因にもなります。

丁寧に対応するのはもちろんですが、緊張せずリラックスして対応すると、仕事が楽に感じるかもしれません。

昼間にしっかり睡眠をとる

夜間のコールセンターで働く際、眠気を感じると仕事が辛く感じてしまいます。

昼間に遊んだり仕事をしたりする方も多いですが、バイトの辛さを抑えるためにも昼間にしっかり睡眠をとり、体力を温存することが大切です。

夜間のコールセンターはきついと感じることも!

コールセンターの夜間バイトは給料が高いですが、給料だけを見てバイトをするときついと感じてしまうかもしれません。

そんなときはここで紹介した対処法を参考に、コールセンターの夜間バイトを気軽にできるよう工夫するのが良いでしょう。

夜間コールセンター以外で稼ぐ方法は?

夜間コールセンターの仕事は業務内容ももちろんですが、時間的拘束もストレスになっている人もいます。

昼間に睡眠をとる必要があるので日中の買い物などをする時間は限られているので日々の生活に支障をきたすかもしれません

せっかくコールセンター業務のスキルがあるのであれば好きな時間にコールセンター業務ができる会社がおすすめです。

在宅になりますが好きな時間にコールセンター業務ができるので有名な会社に「コールシェア」があります。

  • 在宅でできるのでおすすめです。
  • コロナ禍で自粛ムードで需要高!

飲食店へのアンケートをとるための発信など業務内容は簡単です。

夜間はないのですが、好きな時間に在宅で仕事ができるので通勤時間も必要ないので時間を有効活用することができます。

平均の時給で1200円~2000円くらいはコンスタントに稼げるので時間がない人でもしっかり稼ぐ事ができます。

夜間の仕事はなにかと制約が多くなりストレスもたまりがちです。ぜひコールセンター業務のスキルを在宅でも活かしてみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました