「コールセンターは疲れる…。」きついと言われる理由と対処方法

「コールセンターは疲れる...。」きついと言われる理由と対策
スポンサーリンク

何かを売り込むため、アフターフォローのためなど、企業がコールセンターを設けることはよくあります。

コールセンターの求人数は多く、座り仕事のため楽ではないかとバイト感覚でやってみようと考える人も多いと思いますが、実は非常に疲れる仕事でもあります。その理由についてみていき、どう対処すればよいのか見ていきましょう。

1.相手の顔が見えないので疲れを感じやすい

1.相手の顔が見えないので疲れを感じやすい

コールセンターの仕事は、電話を通したコミュニケーションが主体となります。

その場合、対面で話をしているのと異なり、相手の顔が見えないため、精神的な疲れにつながることがあります。

相手の顔が見えないと、実際にどう相手が感じているのかが伝わりにくくなります。

例えば、本来それほど相手が怒っていなくても、口調だけで判断すると怒っていると感じやすく、精神的な苦痛を感じてしまうことにつながります。

相手の感情が読みにくく、適切な反応ができないことからトラブルにつながることもあるので、十分相手の心情の把握には注意していかなければなりません。

2.自分では対応できない事を言われストレスがたまる

2.自分では対応できない事を言われストレスがたまる

故障対応やクレームなどに対応する場合、相手は明らかに不満を持っていたり、怒っていたりします。

その原因について自分自身が対応できるものなら解決へ導いて達成感を感じられることもありますが、そうでない場合相手の不満や怒りをぶつけられるだけになってしまいます

一生懸命対応しているつもりでも、会社の方針や商品の不具合など、自分自身ではどうにもできないことについて言葉だけで対応することにストレスを感じ、それがたまるとうつ病などにつながることもあります。

3.孤独になりやすい

3.孤独になりやすい

コールセンターでは仕事をしている間はお客様と向き合うことになり、ほかの同僚などとかかわることが少なくなります。

何かあっても助けを求めることがしづらいのです

また、女性の職場であることも多く、いじめなどが起こりやすい環境にもなります。仕事上の相談をしたくても相談ができないと仕事にも影響がありますし、いじめを受けてストレスを感じるとうつ病などにつながる恐れもあります。

4.長時間の座り仕事で体が

4.長時間の座り仕事で体が

コールセンターは長時間椅子に座ってする仕事なので、そこからストレスが生じることもあります。

動く機会が少なくなるので運動不足になりますし、腰などの痛みにつながることがあります。

電話を待つ場合などは特に決められた時間以外に席を立つことがしづらく、体への負担も大きくなり、そこから精神的なストレスにつながることがります

勤務時間外での運動を取り入れたり、立てるタイミングで立って体を動かし血の巡りを良くしたりなど対策をとることも必要といえます。

疲れの原因を見極めて対策を

コールセンターの仕事は見た目に反してストレスを抱えやすい仕事です。

どの様な点で自分がストレスを感じているのかを把握し、それに対して何ができるか考え、対策をとっていくことが必要です。ストレス解消しつつ快適に働けるようにしましょう。

対策方法

今コールセンターのバイトがきついと感じている人は上記以外にも様々な理由があります。しかし、コールセンターの仕事に慣れるためには研修などの時間が必要で企業側からすると貴重な人材となります。

そこで今のコールセンターの技術を生かしながらストレスや辛さを軽減させるのにおすすめなのが在宅コールセンターの仕事です

出勤の必要がないので時間を有効活用できるのと職場環境でストレスがたまることもありません。在宅コールセンターで有名なのが「コールシェア」です。

  • 在宅でできるのでおすすめです。
  • コロナ禍で自粛ムードで需要高!

飲食店への簡単なアンケートなどの発信を在宅でする事ができます。時期によっては受信の仕事もあるとのことでした。

時間も自分の好きなように組めるので拘束時間もなく、もちろん服装も自由なので気軽に仕事をすることができます。

もっと稼ぎたいという人は今の仕事と並行してダブルワークでもいいと思いますのでご自分のスキルを在宅でも活かしてみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました