コールセンターの研修でクビになる理由とは?その特徴をご紹介

コールセンターの研修でクビになる理由とは?その特徴をご紹介
スポンサーリンク

コールセンターの仕事を始めようと思っている方は、研修が上手くできるか不安に感じることもあるのではないでしょうか。

コールセンターでクビになってしまう理由や、それを回避するために気を付けたいことなどについてご紹介していきます。

1.着台テストで不合格になる

コールセンターの仕事を始める前に、研修で色々なことを学びます。その中で着台テストというものがあり、着台テストに合格しなければ本格的に仕事を始めることが難しくなってしまいます

何度も不合格になってしまったり、見込がなかったりする場合は派遣切りにあってしまうこともあるでしょう。研修で教えてもらったことをしっかり復習し、着台テストに臨むようにしてください。

テストということで緊張してしまうかもしれませんが、実際のお客様を相手に話しているということを忘れずに丁寧に対応するようにしましょう。

上手く行かないことがあっても、担当者の指導をしっかり聞き、向上心をもって取り組むことが大切です。自分のやる気をアピールしていってください。

2.お客様との意思疎通が図れない

コールセンターではお客様と会話することが基本となるため、意思疎通が図れないと仕事を続けるのが難しいです。

お客様が話している内容をよく理解し、それに合った受け答えが出来るようになる必要があります。

的外れな答えを言ってしまったら、クレームにもつながってしまいます。会社が用意しているマニュアルを守りながらも、臨機応変に対応することを心がけましょう

また、社会人として適切な話し方が出来ていなければ、お客様に悪い印象を与えてしまうことになります。

すべてがマニュアル通りに行くことばかりではないので、自分の言葉で話すときも正しい日本語が使えるように勉強することが大切です。どんな話し方がお客様に良い印象を与えられるのか練習しましょう。

勤務態度が悪い

勤怠をチェックしたときに、勤務態度が悪いというのもクビになる特徴です。

例えば、勤務時間に遅れて出社したり、無断欠勤をしたりすると信用をなくしてしまいます。

何か問題が起きたときはすぐに連絡を入れるようにしましょう

研修で指導してくれる担当者に対して悪い態度を取ってしまうというのも問題になります。敬語を使うことはもちろん、分からないことはすぐ聞いたりして、仕事を覚えようとする態度を示すことが大切です。

その他にも、電話の向こうにいるお客様だけではなく、一緒に働いている同僚に対する態度もチェックポイントになります。

誰かを無視したりするなど、業務に支障をきたすような行為は会社に迷惑をかけてしまいます。

コールセンターの研修でクビになった時の対処

もしコールセンターで働こうとしたけど研修で残念ながらクビになってしまった方は気持ちを切り替えて次のお仕事を探さなくてはいけません。

もしコールセンター業務をやりたいと思っているようでしたら株式会社コールナビが運営しているコールシェアがおすすめです。

完全在宅でコールセンターのお仕事をすることができます。仕事内容は主に飲食店への簡単なアンケート調査の発信になります。

覚える事も少なく気軽に好きな時間で行うことができる事で有名なので検討してみてはいかがでしょうか?

  • 在宅でできるのでおすすめです。
  • コロナ禍で自粛ムードで需要高!

研修は真面目に取り組もう!

コールセンターの研修は覚えることがたくさんあって大変かもしれませんが、向上心をもって真面目に取り組むようにしましょう。

勤務態度やコミュニケーション能力などをチェックされているという自覚を持つことが大切です。

タイトルとURLをコピーしました