クロックワークプラネットが打ち切りになったと言われる理由について

クロックワークプラネットが打ち切りになったと言われる理由について
スポンサーリンク

5年も連載が続いた漫画版「クロックワークプラネット」

原作の小説やアニメ版が打ち切りないし打ち切りかとささやかれる状態なのに対して、漫画版「クロックワークプラネット」は5年間も連載が続いた優等生です。

アニメが終わった後に、もやもやしてコミックへと流れた人も多い模様

掲載誌には月刊少年シリウスで2018年10月号まで連載され、こちらはいい感じで終わっています。

特に不評も見当たらず、なかなかの満足度で読了したファンが多いようです。

それだけに、漫画が好きでアニメを見てみようと思ったり原作を読んでみようと思った人がつまらないと感じてしまうと残念な作品です。

クロックワークプラネットの打ち切り理由はメディアによって異なる

ラノベ・アニメ・コミックと、3つのメディアで発表された「クロックワークプラネット」。

それぞれの打ち切りや休止理由は異なり、全く別物として味わってみるのが後味の悪さを残さずに楽しむヒントといえそうです。

タイトルとURLをコピーしました