朝マックの時間帯のメニューは通常メニューと大きく異なります

スポンサーリンク

全国規模で展開しているマクドナルドでは、10時30分までの時間帯に、朝マックと呼ばれるメニューを注文できる点が特徴です。ここでは、主な朝マックのメニューに加えて、値段並びに特典などを、通常メニューと比較しながら紹介します。

朝マック専用のメニューは特定の時間帯でのみ注文可能

マクドナルドでは、ほとんどの店舗で早朝から深夜の時間帯まで営業していますが、その時によって注文できるメニューが変わってきます。中でも、午前10時30分までの時間帯で提供している朝マックについては、通常メニューとは異なるラインナップが用意されています。

例えば、通常時間帯で販売している主力商品として知名度の高い、ハンバーガーの代わりに、ソーセージを使ったマフィン系が販売されているといった点が、最大の特徴です。また、サイドメニューについても、シェイクやアイスのラインナップがなくハッシュポテトがあるなど、通常メニューとは大きく変わっています。

ただし、マフィンなどの朝マックメニューについては、通常時間帯で販売されていないといったデメリットがあります。同時に、通常メニューでの定番となる、ハンバーガーやフライドポテトに加え、シェイクなどのデザート類も朝マックの時間帯では注文できないといった点も特徴です。そのため、朝と通常の時間帯で全く別のメニューを味わえる点で、利用者にとっての楽しみが増えるといったメリットをもたらします。

朝マック専用の主なメニューと値段など

朝マックでの主力メニューとなっているマフィン系には、ソーセージマフィンやエッグマックマフィンなどが代表的なメニューとなっています。ソーセージマフィンは、硬めのパンを丸くしたパンズを使って、その中にソーセージ由来のパティとチーズを挟んだ商品で、100円で販売されている定番商品です。

一方のエッグマックマフィンは、パンズの中に卵を使ったパティに加え、ハムとチーズを挟んだ商品で、250円で販売されています。この他、ホットケーキやチキンマックナゲットなどが、主力メニューの一部となっている点も特徴です。

サイドメニューの代表的なものに、小麦粉を使ってじゃがいもを丸くして油で揚げた、ハッシュポテトがあります。通常メニューで言うフライドポテトに相当しますが、ワンサイズのみ用意されており、一個あたり120円で販売されている点で、大きく差別化されています。

この他、プチパンケーキやアップルパイといったデザートや、サラダにスイートコーンといった野菜系のメニューも注文できます。ドリンク類に関しては、コカコーラやファンタ、爽健美茶など、通常メニューと同じものが用意されています。

朝マックのセットメニューとクーポンについて

マクドナルドでは、ハンバーガーとフライドポテト、ドリンクなどを割引価格で注文できる、セットメニューがラインナップとして用意されていますが、朝マックでも活用できます。

また、マフィン系等の主力商品と、Sサイズのドリンクを組み合わせた、コンビと呼ばれる朝マック専用の形式が用意されています。セットメニューは330円から、コンビに至っては200円から注文できるため、低価格で朝マックを利用したい人にとっては、経済的にお得な選択肢となります。

マクドナルドには、通常メニューの提示価格から数十円程度の割引価格で利用できるクーポンが用意されていますが、朝マック専用のメニューにもクーポンが存在します。朝マック専用のメニューを中心に割引が適応できますが、通常メニューよりも割引額が大きいといった点が、最大の特徴と言えます。例えば、ソーセージエッグマフィンのセットで100円引きになる、ハッシュポテトの場合は90円で注文できるなど、といった具合です。

通常の時間帯とは異なったメニューが楽しめる

10時30分まで注文できる朝マックのメニューは、硬めのパンズにソーセージ等を組み合わせたマフィンや、ハッシュポテトなどが特徴となっています。通常メニューとは違った味わいを楽しめる他、コンビやクーポンなどを使って普段の時間帯より低価格で注文できる点も、朝マックならではと言えます。

関連記事一覧

タイトルとURLをコピーしました