羽毛布団で熱がこもる!寝汗びっしょりの原因と対策を徹底解説

羽毛布団で熱がこもって寝汗びっしょり!原因と対策を徹底解説
スポンサーリンク

普段から寝室で羽毛布団を使用している方もいることでしょう。

軽くて保温性に優れることで知られる羽毛布団ですが、起きてみると寝汗で体がびっしょりになっていた、そんな経験をした方もいるはずです。

繰り返されると、パジャマの洗濯や布団のお手入れも大変ですよね?そこで原因や対策について、ここでは詳しく紹介します。

そもそも羽毛布団で寝汗をかきやすい原因とは?

そもそも羽毛布団で寝汗をかきやすい原因とは?

羽毛布団のメリットの1つとして、保温性に優れる点があります。

その仕組みは羽毛そのものだけでなく、それを包み込む側生地(がわきじ)にあります。通常の布団とは異なり、羽毛布団では使用するたびに中身が出やすいため、側生地を高密度で織り込むのが基本。

その上、ダウンプルーフ加工と呼ばれる熱処理のコーティングによって、さらに繊維の密度を高めています。 こうすることで羽毛が布団から飛び出すのを防ぎ、優れた保温性を発揮します。

しかし実はこれこそが、羽毛布団で寝汗がかきやすくなる原因。本来ならば保温性と通気性とは相反する機能であり、保温性が高まるほど通気性は劣ります。結果的には、羽毛布団で包まれた身体の体温を過剰に高め、蒸れたり寝汗がかきやすくなってしまうのです。

次に羽毛布団で寝汗は防げるのかを見ていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました