電動リクライニングソファは壊れやすい?耐久性や意外と知らないデメリットについて

電動リクライニングソファ
スポンサーリンク

電動 リクライニング ソファ は 壊れ やすい

電動リクライニングソファは最高のくつろぎを与えてくれるツールですよね?

様々な機能なども装備されています。足や背中のリクライニング機能や他にも無段階で角度を調整できるといった部分もメリットです。

使い勝手が良い電動リクライニングソファですが、いくつかのデメリットがあります。

電動リクライニングソファのデメリット

電動リクライニングソファはとても重い

問題となる部分は簡単に動かせないところです。電動で制御を行っているので、構造部分に鉄を使用しており内部にはモーターも装備されているので、移動をするときに持ち運ぶのが非常に難しいです。

本体は分割が可能なソファもありますが、普通のソファよりも重いので力のある方でないと運ぶのは困難です。

電動リクライニングソファは角度調整が遅い

また電動ということもあり角度調整が完了するまでの時間が遅いのもデメリットとなります。素早く調整をしたい人には手動が適しています。

本体の内部は機械となっているので壊れた時の修理を自分で行うのは難しく壊れてしまうとリクライニング機能が動作しなくなるのもデメリットです。

破損のリスクを考慮するならメーカーの保証期間は必ず確認しておきましょう。保証期間の長い商品は壊れても修理をしてくれるので安心です。

電動リクライニングソファのコード断線による故障が多い

電動リクライニングソファの主な壊れる原因として電源コードを挟んでしまい断線してしまうといったトラブルが実は非常に多いです。しかしコードの断線が原因の故障であればコードそのものを取り替えるだけで修理はできます。

次に電動リクライニングソファを購入しよう!と思ったときに注意すべき確認点を記載します。

タイトルとURLをコピーしました