スポンサーリンク

「お勧め」「お薦め」「お奨め」の使い分けを知りたい!例文付きで違いを解説

スポンサーリンク

「お勧め」の意味と使い方について

「お勧め」の持つニュアンスですが、使われている漢字を頼りにすれば比較的推測しやすくなります。「勧」という漢字が示すように、「お勧め」には勧誘を意図するニュアンスが込められています。会話文に置き換えると「私と一緒にどうでしょうか?」や「あなたも参加しませんか?」といった意味合いです。

単純に相手に行動を促すだけの表現ではないのが、ポイントです。

「お勧め」の例文を挙げるなら、「私と一緒にダンスサークルで活動しませんか」か「私が使っている化粧品です。あなたもいかがでしょうか」等、言葉を投げかける側がすでに経験者である際に適した表現となります。

ちなみに「お勧め」の類語は「招待」や「お誘い」等です。

「お薦め」の持つ意味合いと例文について

「お薦め」の持つ意味合いは、使われている漢字の通り、「推薦」となります。物やサービスなどを他人に推薦する際に「お薦め」という言い回しは適しています。

数ある選択肢の中から、そのシチュエーションや相手のニーズに合った物事を的確に挙げる、というニュアンスが込められています。

候補が一つしかない場合は「お薦め」という表現は適していません。

例えば図書館で友人から「どの推理小説が面白いのかしら?」と質問された時などは「この作家の推理小説がお薦めだよ」といった風な使い方は適切でしょう。図書館には膨大な量の書籍がありますし、推理小説だけに焦点を当てても沢山の作品があり、数ある選択肢の中から厳選した物を知らせる行為こそ、まさに推薦です。

「お薦め」の類語は今風に言えば「推す」で、敬語表現に合わせるなら「選奨」や「推挙」となります。

タイトルとURLをコピーしました