おでこのしわは遺伝も関係する?しわができる原因と改善方法

おでこのしわは遺伝も関係する?しわができる原因と改善方法h
スポンサーリンク

おでこにしわが気になっている人の中には親のおでこにしわがあるから遺伝なのでは?もっと年齢を重ねると自分も今よりしわが濃くなるのでは?と考えている人もいるでしょう。

子供のころからしわがある人もいるでしょうし、歳を重ねてもしわが少ない人もいます。果たしてしわの原因は何なのでしょうか?遺伝は関係しているのでしょうか?

ここでは、おでこにしわができる原因と、しわへの対策をまとめていきます。

おでこのしわは遺伝した肌質が原因となる場合も

年齢を重ねてくるとしわが気になってきます。生まれつきしわが多い人もいます。顔に現れるしわが親と似てきたと感じることもあるのではないでしょうか。

おでこのしわの原因の一つは、肌質です。おでこは、肌と頭皮の境目になります。肌と頭皮では皮膚の質が変わり、その境であるおでこは、しわが寄りやすい場所になります。

そのしわのよりやすいおでこに、しわを作り出す原因となる紫外線を浴びた時、老化が深刻化しやすい人と、しにくい人がいるのです。

この肌質は、様々な要因がありますが、親からの遺伝的な要因も影響しています。 しみになりやすかったり、しわになりやすかったりというのは、人によって異なり、遺伝が肌質に影響を及ぼしている事もあります。

遺伝以外にも生活の中にあるしわの原因

しわができる原因は、普段の生活の中にもあります。

現代人は、パソコンやスマートフォンを手放すことができません。仕事はもちろん、連絡や調べもの、時にゲームに長時間使用してしまうこともあるのではないでしょうか。

画面を見続けることで、無意識のうちにしかめっ面になり、眉間やおでこにしわがよりがちになってしまいます

考え事をしたり、何かに熱中する際など、何気ない場面も同様です。

また、姿勢の悪さもしわができる原因になります。スマートフォンを見る際に、下を向いていると、たるみが進み、そのたるみがしわを深くしてしまうのです。

おでこのしわを改善する方法

しわの改善や予防には、スキンケアや生活における心がけが必要です。

洗顔や保湿

しわ対策の基本は正しい洗顔と保湿です。

42度を超えるお湯で洗顔をすると、皮脂を奪ってしまい、肌が乾燥してしまいます。乾燥はしわにとって大敵ですので、洗顔はぬるいと感じるくらいの温度で、肌をこすりすぎないように注意して行うことが大切です。

また、洗顔後にはすぐに化粧水や乳液で十分に保湿し、皮脂膜を整える必要があります。

健康に良い食事を摂るよう心掛ける

肌の材料となるのはタンパク質です。赤身の肉や卵、魚介類を毎食食べるように心がけることも、しわの予防につながります。ビタミンを取ることも忘れないようにしましょう。

しわの改善に期待できる食事は「しわ・たるみを予防できる食事(外部リンク)」に詳しく書いてありました。

マッサージ

しわの定着を防ぐには、おでこの筋肉をほぐすことが効果的です。額とつながる頭皮をもみほぐすことで、こわばった筋肉が柔軟になり、しわを防ぐことになるのです。

おでこのマッサージは「スッピンでもぱっちり目!「おでこマッサージ」で目力アップ(外部リンク)」に詳しく掲載されています。

姿勢に気を付ける

スマートフォンやパソコンを扱う際の姿勢には十分注意が必要です。

下を見続けないように意識していくことが大切です。また、使用中には、時々、目をしかめていないか確認してみましょう。

おでこのしわは遺伝でも改善することができます

おでこのしわで悩まれている方はたくさんいます。改善する方法はあるものの、一朝一夕で改善できるものではありません。

保湿ケアをとりあえずしてもヒアルロン酸などは高分子であればあるほどおでこに浸透しにくく思うように効果が期待できないという特徴があります

ではどうすればよいのか?

肌の角質層に美容液を直接浸透させることでおでこのしわを早く改善することが期待できます。

おでこ専用の美容品で有名なのが「オデコディープパッチ」です。

オデコディープバッチはヒアルロン酸でできた貼りを直接おでこの角質層に刺して浸透させるので効果的にお肌の改善をすることが可能です。

  • おでこ専用ケア商品
  • しわが消える効果が期待できます
  • まずは「お試しコース!」

おでこのしわが気になると気持ちが落ち込んで笑顔も本気で出せなかったりしますよね?しっかり改善して笑顔で楽しい毎日を送りましょう!

タイトルとURLをコピーしました