おでこのシワが上目遣いで悪化!原因と改善策を紹介

おでこのシワが上目遣いで悪化!原因と改善策を紹介
スポンサーリンク

女性らしい仕草のひとつともされる上目遣いですが、実は上目遣いをする時におでこも一緒に動かす癖がある場合には、それがおでこのシワの原因となるケースがあります。

気になるおでこのシワをなくすための対策と効果的なスキンケアの方法を調べて書いていますのでぜひ参考にしてください。

上目遣いによるおでこのシワの原因を探ろう

上目遣いをする時だけではなく、びっくりした時や嬉しかった時に目を見開く習慣がある人もおでこのシワに注意が必要です。

目を見開く時におでこを動かす癖がついている人は、その表情の癖がおでこのシワの原因になっていることがあります。表情の癖がおでこのシワの原因になっている場合、どうすればシワを防げるのでしょうか?

解決策として目元の筋肉を使ってまぶただけを動かし、額を動かさないように習慣づけることが挙げられます。普段の生活ではさほどまぶたの動きを意識することはないものですが、シワを防ぐためにまぶたの動きを意識することが効果的です。

次におでこのシワを改善できる簡単なマッサージを紹介します。また、マッサージと一緒にスキンケアをするのも効果的です。

スキンケアの方法は様々ですがここではマイクロニードルパッチによるスキンケアをおすすめします。

マイクロニードルパッチは浸透しにくいヒアルロン酸などの美容成分を溶ける針をおでこに貼り付けて角質層により浸透させることが期待できる技術です。

化粧水や乳液などでの保湿では補えない効果を実感できると人気のスキンケア方法になります。

マイクロニードルパッチの製品で有名なものには北の達人コーポレーションのオデコディープパッチなどがあります。ぜひ参考にしてください。

  • おでこ専用ケア商品
  • しわが消える効果が期待できます
  • まずは「お試しコース!」

おでこのシワを消す簡単マッサージに挑戦しよう

おでこのシワを消すにはマッサージが効果的です。まずは、眼瞼挙筋(がんけんきょきん)と呼ばれる目の奥の筋肉を鍛えるマッサージに挑戦してみましょう。2つのステップを繰り返すだけなので、すぐに覚えられます。

目の奥の筋肉を鍛えるマッサージ方法

最初に、目の力を抜き、手でおでこを押さえた状態で目をカッと大きく見開きます。この時、目の奥の筋肉・眼瞼挙筋を意識するようにしましょう。このステップを10回程度繰り返すことで、おでこを動かさずにまぶたを動かす習慣が自然と身に付きます。

慣れてきたら、おでこを手で押さえずに、目を見開くようにやってみてください。おうちでのスキマ時間を使って簡単にできるので、こまめに取り組んでみましょう。

頭皮マッサージでおでこの筋肉をほぐそう

頭皮マッサージは、頭皮と同じ皮膚でつながっている顔の筋肉もほぐす効果があります。頭皮マッサージでおでこの筋肉をほぐすことによって上目遣いによってできたシワをなくす効果が期待できます。

頭皮マッサージでおでこのシワを改善する方法

マッサージは目を閉じた状態で行います。また、指の腹で指圧することも心がけて下さい。指を立てた状態で実施すると、爪で肌が傷ついたり、余計な力が入り過ぎたりしますので、注意が必要です。

マッサージの手順は3つに分かれています。最初に、両手の指の腹を耳の上に押し当てて、頭皮を優しく揺らすようにマッサージしながら頭頂部まで動かします。この動作を2回繰り返したら、次の動作に移ります。

指の腹を髪の生え際に押し当て、頭皮をマッサージしながら頭頂部まで動かして下さい。この動作を3回繰り返したら、指の腹を襟足付近に押し当て、頭皮をマッサージしながら頭頂部まで動かします。この動作は2回繰り返して下さい。

マッサージ、スキンケアで上目遣いシワをなくそう

いかがでしたでしょうか。ここでは、上目遣いや目を見開くといった表情の癖によっておでこのシワができてしまった人が、シワをなくすための対策をご紹介しました。

マッサージは、今日からでも実践できる簡単なものですので、ぜひ挑戦して下さい。

  • おでこ専用ケア商品
  • しわが消える効果が期待できます
  • まずは「お試しコース!」
タイトルとURLをコピーしました