スポンサーリンク

【仄暗い水の底から】ネタバレ注意!あらすじと結末の感想【映画】

スポンサーリンク

仄暗い水の底からは映画と原作小説でラストが違う?

仄暗い水の底からは、「リング」の作者である鈴木光司氏が書いた短編小説集が原作となっています。映画のストーリーはその中の1つ、「浮遊する水」がベースです。

なお、映画と原作ではラストが違います。映画では生き残ったのは郁子だけでしたが、原作では幾度となく起こる怪奇現象に怯えた淑美が郁子を連れてマンションから逃げるという結末です。

レビューで多くの高評価を得ているこちらの映画。サブスクなどを選択すれば無料で楽しむことも可能です。

仄暗い水の底からは恐怖と感動が入り混じる名作

ホラーとともに親子愛を描き切った仄暗い水の底からは、ジャパニーズホラー映画の名作であり、多くのホラーファン・映画ファンから高い評価を得ています。

この記事で作品が気になった方は、ぜひ実際に鑑賞してみてください。

タイトルとURLをコピーしました