スポンサーリンク

学園アリスネタバレあり最終回・キャラ考察!人気漫画あらすじ最終回その後

スポンサーリンク

ラブコメを絡めたファンタジー漫画「学園アリス」

「学園アリス」は樋口橘が描いた少女漫画です。2002年から2013年まで白泉社「花とゆめ」で連載されて、全31巻の単行本が発行されました。

舞台は、アリスという特殊な能力を持つ生徒たちを集めた学園です。ここからは、あらすじのネタバレになります。

「学園アリス」のヒロイン蜜柑は、親友の蛍がアリス学園に転校したことに大きなショックを受けます。大好きな親友に会いたくてアリス学園を訪れたら、ある教師と出会い、学園内に入ることができました。

実は、蜜柑の亡くなった父親はアリス学園の関係者だったのです。能力があることを教師が見抜いたおかげで、蜜柑は蛍と同じアリス学園で学べるようになりました。

レベルによってクラスが変わったり、棗という男子に恋心を抱いたりして、蜜柑がアリス学園で成長する様子を描いたファンタジーです。

「学園アリス」の最終回について

「学園アリス」は定期的にファンブックが発行されるほど、たくさんの読者を獲得しました。

さらに、アニメ化やゲーム化も実現しました。大ヒット少女漫画ですが、ファンの間では最終回について賛否両論です。なぜなら、蜜柑と棗がハッピーエンドを迎えたかどうか、はっきり描かれていないからです。

また、蜜柑の親友の蛍が、あるタブーに触れたために過去と未来を行ったり来たりするようになりました。すっきりしない終わり方に「納得できない」と落胆したファンは大勢います。

最終巻では、結婚した蜜柑と棗や、時空を超えて再会できた蛍のイラストが掲載されていますが、詳しい説明などはありません。ラストについて憶測するしかないために、がっかりしたファンは多かったです。

タイトルとURLをコピーしました