PS4の有線キーボードによくある問題とつなぎ方

スポンサーリンク

純正コントローラーだけでなくキーボードでゲームをプレイすることができるPS4。キーボードが正しく認識せず、使うことができないトラブルが発生してしまう人も少なくありません。

ここでは、有線キーボードでよくある問題と解決方法を紹介しています。

PS4でキーボードが使えないよくある問題

PS4に有線キーボードを差し込んでも正常に動作しない問題は、まずはPS4とキーボードのどちらに問題があるのかを確認する必要があります。

問題の原因を探ることで解決策を見つけることができるのです。使えないときのよくある問題を確認しましょう。

接触不良で認識しない

PS4にキーボードを認識させるためには、PS4側のUSBポートにキーボードを差し込む必要があります。しっかりと差し込まれていないと、PS4側でどの種類のデバイスなのか認識することができません。

ゲームのプレイ中に突然操作不能に陥ってしまうのは、USBケーブルが外れかかっていることが原因の可能性があります。しっかりと奥まで差し込んでいるのに認識しない場合は、USBポートの不具合や、ケーブルの断線などが考えられます。

古いUSB規格に注意

PS4のUSBポートの規格はUSB3.0です。規格に合わないキーボードを接続しても認識しないことがあります。USB3.0は下位互換性があるため、USB2.0・USB1.1のキーボードと接続することができます。

しかし、あまりにも古いタイプだとPS4で使えないことがあるのです。

PC用のゲーミングキーボードは使えないかも

PCで使えるキーボードは、PS4につなげても基本的に使うことができます。ゲーム用に特化したゲーミングキーボードでPS4を遊びたいという人も多いです。しかし、ゲーミングキーボードはPC用に設計されていて、専用ドライバをインストールしないと動作しない製品もあります。

ドライバ無しで動作するゲーミングキーボードもありますが、LEDやマクロ等の設定ができないこともあるのです。

正常に使うための解決方法

有線キーボードが使えないときは、簡単な方法で使えるようにすることができます。慌てて修理に出す前に、自分で対処できる方法をチェックしておきましょう。

今すぐにでもできる対処法を紹介します。

接続しなおしてみる

接触不良が原因で正常に動作しない場合、接続しなおすことで解決する事があります。外れかけて浮いてしまっているUSBケーブルを、一度抜いて再度差し込むことで認識させることができるのです。

差し込んでもダメなときは、一度PS4の電源を落とし、キーボードをしっかり差し込んだ状態でもう一度電源を入れてください。電源を入れなおしても認識しないときは、別のUSBポートに接続することで使えるようになることがあります。

USB規格を合わせる

PS4のUSB規格に合わせたキーボードを接続すると、正常にゲームをプレイすることができる可能性が高いです。キーボードの中には、PS4に対応している製品があり、メーカー側が対応表を公開しています。

USB3.0規格のキーボードであっても、必ずPS4で動作するかは不明のため、購入前にチェックしておきましょう。

PS4対応のゲーミングキーボードを使う

ゲーミングキーボードも対応表を公開しており、メーカーホームページで確認しておく必要があります。ただし、一部の機能は使用不可となっていることも珍しくありません。

古いゲーミングキーボードは、対応表に掲載されていないことがあるため注意が必要です。注意事項などを熟読したうえで購入を検討しましょう。使える機能に不安があるときは、口コミなどのレビューを参考にすることも必要です。

PS4の有線キーボードのつなぎ方まとめ

有線キーボードをつなげても使えないときは、まずは問題の原因を探りましょう。簡単に自分で問題を解決できることも少なくありません。どうしても問題が解決できなかった場合は、カスタマーサポートに問い合わせてみることも必要です。

PlayStation®サポート
プレイステーションの公式サイトです。サポート情報をお伝えしています。

一度問題を解決してしまえば、ストレスフリーでゲームをプレイすることができるため、自分でできる解決方法を試してみてはいかがでしょうか。

関連記事

タイトルとURLをコピーしました