瞼(まぶた)の脂肪を取りたい!自力で落とす方法とは?マッサージで脂肪燃焼!

瞼(まぶた)の脂肪を取りたい!自力で落とす方法とは?マッサージで脂肪燃焼!
スポンサーリンク

パッチリ二重に憧れるけれど、なかなか理想の瞼になれないと悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

目がぱっちりしない原因のひとつとしては、瞼の皮膚が厚めで皮下脂肪が多い日本人の体質が挙げられます

瞼の脂肪を自力で落とす方法を知っておくと、おうち時間を有効に活用して、理想の瞼に近づくためのケアができます。

ここではどのような事を行えば瞼の脂肪を落とすケアができるのかを紹介します。ぜひ参考にしてください。

瞼の脂肪を落とすのに効果的なこととは?

ダイエットやエクササイズをすると、体重が減るだけでなく、体脂肪が落とせることはご存知の方も多いことでしょう。実は、目の周りのエクササイズによって、瞼の脂肪を落とすことも可能です。

目の周りの筋肉を鍛える事によってまぶた周りの血のめぐりが良くなりハリが出てきます。

自宅でできるエクササイズやマッサージの方法も沢山ありますので、スキマ時間に行う習慣を付けるようにしましょう。

瞼の脂肪燃焼の為の準備をしよう!

エクササイズやマッサージをする前に準備段階で行いたいのが、目の周りの血行をよくするために、目元を温めることです。

冷えによって体の巡りが悪くなると、目の周りにも悪影響が及びます。

手軽に目元を温めたい時に便利な「めぐりズム 蒸気でホットアイマスク」を使う方法のほか、蒸しタオルで温める方法もおすすめです。

created by Rinker
めぐりズム
¥891(2021/02/24 21:40:17時点 Amazon調べ-詳細)

蒸しタオルは、自宅で電子レンジを使って用意できます。タオルを水で濡らしてから水気を絞り、電子レンジで温めるだけで蒸しタオルの完成です。

目元にあてて、しばらく安静にしているうちに、目の周り全体が温まります。

自分でマッサージをする方法

目の周りが十分に温まり、血行が促進されたら、実際に瞼の脂肪を落とす効果が期待できるマッサージをしてみましょう。

  1. 人差し指で眉を押さえて動かないように固定した状態で、目を見開いて上目づかいにする。
  2. 上目づかいのままで、まばたきを20~30回程度繰り返しす。
  3. 次に、目を閉じて5秒キープ、目を開けて5秒キープ、という動作を交互に繰り返すエクササイズを5回行う。

数分程度で行えるエクササイズですので、動作を覚えてしまえば、負担に感じることなく続けられます。朝晩のスキンケアのついでに行うのもおすすめです。

瞼をこするなどの強い刺激はNG。

エクササイズをする上で、覚えておきたいポイントが、強く力を入れ過ぎないという点です。

必要以上に刺激を与えると、瞼が腫れたり、肌が色素沈着してしまったりする原因ともなりかねません

スキンケアの一環という意識で、優しく丁寧に行うようにして下さい。

また、まぶたの脂肪を落としたいと思っている方向けのスキンケアアイテムもあります。

垂れてきたまぶたに効果的で有名なのに北の達人コーポレーションの「リッドキララ」があります。

他の商品にはないまぶたを引き締めると言われている成分が入っているのでまぶたのハリを戻すのに即効性があると言われ、人気です。

商品は加齢でまぶたが下がってきたと感じた方向けですが若い方でも使えます。

  • 上まぶたのハリ不足に悩んでいる
  • パッチリ目を手に入れたい!
  • 奥二重をなんとかしたい!

他のまぶた専用のスキンケア用品には「RF28 アイクリームEX」や美健コーポレーションの「ミセルDラインジェル」等がありますが口コミや評判からみるとまずはリッドキララを試すのをおすすめします。

美容に関しては毎日の積み重ねが大切と言われますが、瞼の脂肪のお悩みを解決したい時にも当てはまります。

エクササイズを始めてすぐに効果が感じられないからと言って諦めてしまうのではなく、継続して行うようにしましょう。

瞼の脂肪を落とすマッサージ、ケアを今日から実践しよう

いかがでしたでしょうか。パッチリ二重に近づくためには、瞼の脂肪を落とすことが重要です。

瞼の脂肪を落とすには、まず血行促進を良くするために目の周りを温めてからエクササイズをしましょう

力を入れ過ぎずに丁寧に行うこと、継続して行うことが効果を引き出す上で大切なポイントですので、忘れないようにして下さい。

タイトルとURLをコピーしました