じゃりン子チエその後は?ネタバレあり!アニメ漫画最終回のその後!!

漫画・小説

じゃりン子チエ、漫画版の概要

小学校5年生の竹本チエは、小学生ながら大阪で父親のテツに代わってホルモン屋を切り盛りする自称「けなげな少女」。物語はチエとその家族、周囲の人や猫たちとの日常がおもしろおかしく、ときにほろっとさせる人情喜劇です。

長期にわたって連載され、チエたち家族、人気キャラクターの花井先生親子など、登場人物のその後についてどうなったのか、最終回が注目されました。

じゃりン子チエ、アニメ版の概要

アニメ版じゃりン子チエは、漫画版の設定そのままに、チエの声優を中山千夏が、父親のテツの声優を西川のりおが担当しました。

二人の軽快な大阪弁の掛け合いはまさにはまり役で、また、チエのお母はんのヨシ江や花井先生など人気キャラクターの声優さんが原作通りのイメージ通りだったことも人気で、アニメ版は第1期と第2期が放送されました。

何度も再放送が繰り返され、世代を問わず親しまれています。漫画よりも先にアニメが最終回を迎えましたが、チエたちのその後はどうなったのでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました