「人狼への転生、魔王の副官 始動編」がなぜ打ち切りになったのか

人狼への転生、魔王の副官がなぜ打ち切りになったのか
スポンサーリンク

異世界を舞台にした物語描く「ライトノベル」で、小説家デビューする人数が増えています。

ただデビューできたのはいいが、次々生まれる作品に押されて打ち切りなってしまう作品も多々あるのです。

そんな打ち切りになってしまったライトノベルの中で、この記事では「人狼への転生、魔王の副官」がなぜ打ち切りになったのかを紹介します。

人狼への転生、魔王の副官の詳細

人狼への転生、魔王の副官の内容は、交易都市リューンハイトという街を魔王軍が侵攻することから話が始まります。

魔王軍の奇襲によって交易都市リューンハイトは陥落し、街を統括する領主「アイリア」が魔王軍によって捕縛されます。

本来であれば魔王軍なので敵対している人間を殺すはずが、なぜか魔王軍は国を守るために攻撃してきた人間を自己防衛のために攻撃をするだけにとどめて殺さず、町の人間の多くに手を出さないどころか傷を負った市民や兵隊を救護するのです。

その姿に驚いた領主「アイリア」は、魔王軍の指揮官に話を聞くことにします。

その指揮官というのが、この物語の主人公の人狼ヴァイトだったのです。

ヴァイトの要望は住民を含めた町の殲滅ではなく、魔王領にある品物の流通の手助けそして魔王領に住む人間を受け入れてほしいという答えが返ってきます。

その要望を聞いた「アイリア」は、町の人々の安全を条件に飲むことを決定したのです。

その後は人狼を含めた人間の言葉を話すことができる魔物が町の移住することになり、捕虜となった「アイリア」はヴァイトの進言により人間との橋渡しの役割として再び領主となります。

なぜ魔王軍のトップ「人狼ヴァイト」は人間との共存を考えるようになったのかは、このヴァイトは死後において地球から知識と魂だけを移された異世界転生者だったからです。

異世界転生者のヴァイトそして町を守る「アイリア」は、お互いが必要な存在と認知し町の発展と魔物との共存ができる世界を作るのが、この「人狼への転生魔王の副官」という作品の詳細になります。

タイトルとURLをコピーしました