スポンサーリンク

志々雄真実の素顔がイケメン!るろうに剣心志々雄真実の刀包帯の下の素顔画像あり

スポンサーリンク

日本転覆を図る元維新志士

志々雄真実は京都を拠点とする剣豪で、元々は剣心と同じ維新志士として暗躍していました。そして、志士として用済みになり、なおかつ思想が危険視されたため、仲間から奇襲を受けることとなります。

その結果、全身に大火傷を負い、包帯を巻かなければ生きていられない状態となります。身体にあった発汗機能は火傷によってほとんどが失われ、普通の人よりも高い体温でいることが特徴です。

そんな志々雄真実は、奇襲されたことへの復讐は行わず、ただ日本の征服を考えます。十本刀と呼ばれる直属の部下を揃え、さらに財産を叩いて煉獄という軍艦を購入します。

けれど、その目論見は剣心達によって阻まれ、最終的に志々雄は自ら炎に飲まれることとなります。

炎を操る剣術が特徴

志々雄真実は、不殺を貫く主人公の剣心とは対称的に、容赦なく人の命を奪うキャラクターとして描かれています。そして、炎を伴う剣術を駆使します。

使用する刀は無限刃といって、のこぎりのような小さな歯が付いています。その歯にはそれまで斬ってきた人の脂が染み込んでいて、抜刀する際の鞘との摩擦によって発火します。

また、その他にも手甲の中にある火薬を爆発させて、相手にのみダメージを与える戦術も使用します。

タイトルとURLをコピーしました