退職最終日に挨拶しないで会社を辞める方法

スポンサーリンク

退職最終日に挨拶回りをしない理由

一般的に退職を決めた場合、上司に退職届を提出した後、引き継ぎ等を済ませて退職予定日を待ちます。

その中で、取引先やお世話になった上司や同僚などに、挨拶回りをすることが常識のように思われています。しかし、さまざまな理由で、挨拶回りをすることができない、または挨拶回りが気まずい、と感じる人もいるようです。

最終出社日に挨拶回りをしない主な理由に、どのようなものがあるのでしょう?

まず、社内での人間関係のトラブルで、上司や同僚との間が険悪な状態まま退職することになり、挨拶回りをしたくないと考える人もいるようです。また、そういった社内でのトラブルが原因で、上司に反意を示すために、あえて挨拶を拒否するといったケースもあります。

そして、健康上の理由で休職が続き、そのまま退職を余儀なくされた場合、出社することが無理なので、挨拶回りをしたくてもできない、といったこともあるでしょう。

挨拶回りの代わりにできる対処法

では、最終出社日に、挨拶回りをしないで、対処できる方法はあるのでしょうか?

まず、最終出社日に、限定された人にだけ挨拶をすることは難しく、職場の上司・同僚みんなに挨拶回りをすることになる可能性が大きくなると覚えておきましょう。そのため、事前にお世話になった人や好意のある人に対して、挨拶を済ませておくという方法があります。

その他にも、メールなどで、簡単なお礼文を送るといった方法もあります。とくに、コミュニケーションをとったことのない同僚などに対しても、スムーズに挨拶ができます。

もし、お礼をすることに違和感を感じる相手であれば、退職を伝える挨拶だけのメールでも構いません。最終出社日は忙しいことも予想されるので、メールを使った挨拶は便利な方法とも言えます。

タイトルとURLをコピーしました