シャーマンキング打ち切りの理由は?なぜアニメ化ジャンプ作品が伝説的な最終回に

漫画・小説
スポンサーリンク

「シャーマンキング」とは何か

「シャーマンキング」は武井宏之が描いた少年漫画で、アクションシーンをふんだんに盛り込んだファンタジーです。

ここから、あらすじのネタバレになります。主人公の麻倉葉は、シャーマンの能力を持つ少年です。幼い頃から修業を積み、シャーマンキングになることを目指しています。ほかに、侍の幽霊である阿弥陀丸や、イタコの能力を持つ恐山アンナなど個性的なキャラクターがたくさん登場します。また、普通の人間ですが、麻倉葉の奮闘ぶりを見守る友達役として、小山田まん太もいます。

「シャーマンキング」の特徴は、日本古来のミステリアスな地名や能力が出てくるところです。出雲や恐山、巫力や憑依など、独特な雰囲気を醸し出しています。さらに、シャーマンキングとなるためにバトルを繰り返すストーリー展開は、少年漫画の王道です。

打ち切りの真相

「シャーマンキング」は1998年から2004年まで集英社「週刊少年ジャンプ」に連載されていました。アニメ化されるほどの大人気漫画ですが、打ち切りされたという噂があります。

連載が終了した理由は、本誌でのアンケートが下位だったからです。上位に食い込めなかったために、作者の武井宏之が連載継続を断念したのが真相です。

ただし、最終回では最後のページにみかんのイラストが描かれています。この絵は、物語が未完であるという意味です。実際にラジオ番組に作者の手紙が寄せられ、連載終了には納得できなかったことが明かされています。

タイトルとURLをコピーしました