プロジェクトの途中で退職するのはいいの?円満に辞職するためのコツ

プロジェクトの途中で退職するのはいいの?円満に辞職するためのコツ
スポンサーリンク

退職をしたいと思った時にどのようなタイミングで辞職の申し出をするかによっても、スムーズに辞められるかどうかが決まります。

辞めたくても引き止められることが多いのが進行中のプロジェクトがある場合ですが、ここではプロジェクトの進行中に退職をしたい人のために、仕事を辞めるためのコツについて、詳しく紹介します。

計画の進行にも支障をきたすプロジェクト途中での転職のコツ

計画の進行にも支障をきたすプロジェクト途中での転職のコツ

進行中のプロジェクトに参加している人が、プロジェクトの途中で転職を希望する場合は、辞めるための交渉を上手に進めないと会社と揉めることがあります

揉める原因の一つとなるのが、勝手に仕事を辞められてしまうとプロジェクトの進行に大きな支障が出ることです。

大規模なプロジェクトの場合には特に、細かくスケジュールが決められていることも多いですが、計画の進行に必要な人間が途中でいなくなると仕事の予定が大幅に狂うことも多いので、会社にとっては辞めてほしくないのが本音です。

ですが、どうしてもプロジェクトの進行中に転職したい場合には、できるだけ早い時期に退職の希望を会社側に伝えて、会社が計画の変更に対応できるような十分な時間を作ってあげることで、円満に退職しやすくなります

プロジェクトの内容が外部に漏れることを会社が危惧している場合

プロジェクトの内容が外部に漏れることを会社が危惧している場合

プロジェクトの途中で転職をする場合、会社と揉めることが多いのは、プロジェクトの内容が社外に流出することを会社が恐れていることも原因です。

新製品を開発するプロジェクトの場合には特に、計画の内容が外部に漏れるのを企業は非常に警戒しています。

転職を希望する社員が新製品開発プロジェクトの途中に、同業他社に転職をするときなどは、特に会社側と揉めてしまうことが多いです。

ですが、現在の会社とは異なった業種の会社に転職する場合には、会社側でも情報の流出に警戒心を持つことも少なくなるので、その分プロジェクトの進行中でも会社を辞めやすくなります。

どうしても同業他社に転職したい場合には、プロジェクトの内容を外部に漏らさないことをしっかりと約束することで、円満に転職をしやすくなります。

プロジェクトの区切りが良い時に転職をする方法

プロジェクトの途中で転職を希望する場合には、仕事上区切りの良い時期に辞職を申し出るのが円満に辞めるためには効果的です。

長期間にわたっておこなわれるプロジェクトの場合には、複数の期間にわけて計画を進行することも多いですが、仕事を辞めやすくなるのは各期間の終了の時期になります。

プロジェクトの途中であっても、とりあえず仕事が一段落ついた状態で仕事を辞めれば、かわりにプロジェクトを担当する人も仕事を引き継ぎやすくなります。

そのため、できるだけ円満な転職を希望する人は、早期に仕事を辞めることを考えることで会社と揉めることなく仕事を辞めやすくなる傾向があります

仕事を辞めるときには引継ぎの担当者にしっかりと必要な説明をしておくことで、プロジェクトの進行に与える影響も少なくできるのでおすすめです。

もしプロジェクト途中での退社が難しいと感じている方は退職代行を依頼するのが簡単です。

退職代行で有名なのが東京労働経済組合の「退職代行ガーディアン」です。即日対応になるので依頼した日から出社をする必要がなく、簡単に退職手続きをすることができます。

今の職場の環境的に辞めるのが難しいと思っている方もいると思いますが新しい人生のステップのためにまずは問い合わせすることをおすすめします。

タイミングを選んでおこなうプロジェクト中の円満な転職

担当するプロジェクトの最中に転職を希望する場合には、辞職を申し出るタイミングが悪いと会社と揉めることがあります。

できるだけ早めに辞職の意思を伝えることも円満に転職するためのコツで、情報が流出することを会社が恐れている場合には、現在の職種とは関係のない仕事に転職した方が、仕事を辞めやすくなります。

退職で悩んでいる方は業界競争力No1の退職代行ガーディアンを利用ください。

  • 即日から出社せず退職
  • 会社や上司へ連絡不要
  • 会社や上司へ連絡不要

タイトルとURLをコピーしました