急な人事異動で退職したい!拒否することは可能?

急な人事異動で退職したい!拒否することは可能?
スポンサーリンク

会社員として働く中で突然の人事異動に戸惑った経験はないでしょうか

希望とは全く違う部署や、自宅から離れた勤務地への異動であればなおさら納得のいくものではありません。

しかし、会社に雇用されている以上拒否することは原則不可能です。素直に従うか退職をすることができるの?を見ていきましょう。

そもそもなぜ人事異動があるのか?

人事異動を行う目的としては「人材育成」、「能力開発」、「部署の活性化」、「業務のマンネリ化防止」などがあり中には不祥事や適性がないと判断されたといった理由もあります。

いずれにせよ会社の生産性や利益を向上させることが目的です。

しかし希望の部署で一生懸命に働いてきたのに突然の内示にガックリと肩を落とした人もいるのではないでしょうか

人事異動は拒否できない!?

会社には社員の配置に関しての権限があり、会社員として働く以上原則として人事異動を拒否することはできません

拒否をした場合、会社は業務命令違反として従業員を解雇することもできます。

ただし異動の理由が不当な場合や雇用契約書で業種や勤務地を限定している場合など、正当な理由があれば拒否することも可能です。

しかし大抵の場合異動を回避することはできないでしょう。

もし自分がやりたい業務でなくともその会社で頑張りたいという気持ちがあるのなら受け入れてみるのもいいでしょう。ただ、内示が出た時点で異動に対して前向きに考えられない時、納得いかない気持ちが強い時は退職することも一度検討してみてはどうでしょうか。

思い切って転職も視野に入れてみては。

もし望まない異動に悩んだら思い切って転職をしてみてはどうでしょうか

とは言っても内示から異動までは期間が短いことも多くすぐに会社をやめることは難しいでしょう。

また、急いで退職してしまうと異動先の部署にも迷惑が掛かってしまったり、転職がうまくいかず生活に困ることも考えられます。

退職することでトラブル等が考えられる場合は退職代行のサービスを利用することも一つの手です。

退職代行は東京労働経済組合の「退職代行ガーディアン」や、退職代行サービスのNEXTなどが有名です。即日対応になるので依頼した日から出社をする必要がなく、簡単に退職手続きをすることができます。

例え納得のいかない異動を理由に退職するにしても社会人としてのルールをしっかり守ることが大切です。

キャリアアップのための転職と同様に入念に準備をしたうえで転職活動を始めることをお勧めします。

異動は嫌だけど会社はやめたくない場合

もし第一志望の会社に入社し、希望の部署で働けていたら簡単に「異動する位なら転職する!」とは決断できないかもしれません。

ただ現状としては初めに述べたように会社員である以上異動の内示が出た時点で諦めるしかありません。

ただし雇用契約書で業務や勤務地が限定されているなどしている場合は別です。一度雇用契約書をきちんと確認してみるのもいいかもしれません。

また、転職の際に希望をつたえてみるのもよいのではないでしょうか。

望まない人事異動なら転職もあり!

会社からの異動命令は基本的に拒否はできません。

人員配置については様々な理由があり従業員の適性や会社の生産性向上のために行われます。

しかし、どうしても納得がいかないのであれば自分のやりたい業務のため、新しい環境にチャレンジしてみるのもひとつの手ではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました