スポンサーリンク

ニセコイひどいと評判!最終回、実写化映画の感想・レビューが批判評価だらけ

スポンサーリンク

「ニセコイ」の評価について

原作の漫画と同様に、「ニセコイ」の実写映画もコメディタッチの作風です。そのために、大袈裟な演出が目立ちました。中には、「ドタバタしていて落ち着かなかった」という感想もありました。けれど、漫画を忠実に再現しようとした結果、派手なアクションになった可能性は高いです。

原作の漫画を読み続けていた読者は、あまり違和感がありませんでした。また、若手のアイドルや俳優、女優が多かったので、「演技が稚拙でがっかりした」「まるで学芸会のようだった」という感想も映画掲示板のレビューに寄せられました。フレッシュな顔ぶれでしたが、出演者の経験値が少ないために、演技力の評価が低くなりました。

「ニセコイ」実写映画の評判が悪かった主な原因は、出演者の演技力でした。

なぜ「ニセコイ」実写映画は低評価だったのか

「ニセコイ」はラブコメの要素をふだんに盛り込んだ少年漫画です。ノベライズやアニメ化、ゲーム化も実現しました。

また、実写映画化もされましたが、出演者の演技力や大袈裟な演出などが原因となって、評価は低くなりました。

タイトルとURLをコピーしました