THE SHOP TKってダサい?実際の所どうなのか評判を調べてみた。

スポンサーリンク

THE SHOP TKとは、メンズブランドの小物を多く発売している日本のファッションブランドのTKのセカンドラインの名前の事で、TKで「タケオ・キクチ」と読みます。

1984年に菊池武夫氏によって創業され、カジュアル過ぎず同時に堅苦しくないバランスの取れたデザイン」をコンセプトに財布や小物等、多くの製品を発表しています。

THE SHOP TKの評価やどのような年代に適しているのか調査してみました!ぜひ参考にしてください!

\ダサいファッションをしたくない方に朗報!/

かっこいいコーディネートを着こなしたい!と思っている方に今人気なのが「メンズファッションプラス」!

女子目線のモテ服を考えずにマネキン買いできるのが楽ちん!しかもどの着こなしもかっこいい!
たくさんのコーディネートを公式サイトに掲載中!

THE SHOP TKの買い物はワールドオンラインストアが便利ですよ(^^)/

TKの特徴

購入層は大体10代~40代位の世代で、イメージとしてはユニクロやH&M等のファストファッション系よりは高級という物が一般的です。使う人の傾向としては、「年齢相応の持ち物を持ちたい人」だったり「適度に使いやすい物を探している人」等が全体を占めていると考えて下さい。

ファーストラインとセカンドラインで、それぞれターゲットにしている年齢層だったり、取り扱っている製品に多少の違いはありますが、大別するならば「キレイ目志向」と「カジュアル志向」の2つの方向の製品が多いです。

ただ、どっちの方向であっても使いやすく丈夫な物が多い事から、多くのファンを獲得しています。メンズ財布に限って言うならば、大抵は2万円程で高い物でも3万円程度ですので、メンズ財布ブランドの中では屈指の購入のしやすさを誇ります。

しかしTKはある一定層に「ダサい」と言われている声もあります。その理由を掘り下げていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました