twitterの電話番号登録ありとなしでは何が違う?

スポンサーリンク

SNSサービスのtwitterは、利用をするために電話番号の登録を求められることがあります。けれど他の方法もあるので必ず登録をしなければならないわけではなく、登録のありかなしかでそれぞれメリットとデメリットがあります。では実際にどのような時に電話番号の登録が必要で、どんな人が登録をした方が良いのかを確認してみましょう。

twitterで電話番号登録を求められる場合

twitterはアカウントを作成する際に、本人確認をしなければなりません。その確認方法のひとつが電話番号の登録で、アカウント作成画面にすでに入力欄が用意されています。ただその下にある「かわりにメールアドレスを登録する」を選択すると、電話番号はなしでもアカウントは保存できます。メールアドレスはフリーアドレスでも問題ないので、電話番号よりは手軽でしょう。またツイートを短時間で連投するなどの行為があった場合、電話番号を登録していないとロボット扱いされて、一時的に使用できなくなる場合があります。その時も特におかしな使い方をしていない限り、問い合わせフォームから連絡をすると数日で解決できるので問題ありません。

電話番号を登録するメリット・デメリット

twitterには様々な使い道があり、現実世界で活用したいのであれば電話番号の登録が役に立つかもしれません。連絡先のリストをアップロードしておくと、それぞれ登録している同士がtwitter上で知り合いとして表示されるようになります。twitterをしていることを知らない相手でも、電話番号さえ知っていればフォロー・フォロワーの関係になれる可能性が高くなります。ただ身近な人には知られたくないアカウントだと、その機能がそのままデメリットになります。なのでその場合は電話番号の登録はなしにしておきましょう。

またtwitterはIDとパスワードさえ分かれば、どの端末でもアカウントにログインすることができてしまいます。そのセキュリティ面の弱さが原因で、実際にアカウントが乗っ取られたという例はいくつかあります。電話番号の登録には、二段階認証によってセキュリティを強化する役割もあります。ログインする際にSMSを使った認証が必要になるので、乗っ取られるリスクを大幅に下げられるでしょう。ただ自分は乗っ取られるはずがないという人は、登録しないという選択でも問題ありません。そしてもし一度登録してしまっていても、メールアドレスがあれば後から保存してある電話番号を削除できます。

結局は使い方次第

twitterへの電話番号登録は必須ではないので、活用の幅を広げたかったり、セキュリティを高めたい場合にすると良いでしょう。先に簡単なメールアドレスを登録しておいて、後から電話番号を追加するということもできるので、アカウント作成時に慌てて登録する必要はありません。自身がリスクなく、快適に利用できることが何より大切です。

タイトルとURLをコピーしました