漫画「ゴッドハンド輝」は打ち切り?最終回のネタバレとその後

漫画「ゴッドハンド輝」の打ち切りとその後の展開
スポンサーリンク

医療の世界を舞台にした作品は、漫画でも人気があります。

ゴッドハンド輝」もそうした作品の一つですが、人気があったにもかかわらず最終的には打ち切りという形で連載が終了しました。

ここでは、この作品の連載終了時のストーリーや、その後の展開について紹介します。

外科医が主人公の医療漫画

「ゴッドハンド輝」は、週刊少年マガジンに2001年から2011年まで連載されていた医療漫画です。

主人公である真東輝は外科が専門の医者で、物語の中では数多くの怪我や病気を、難しい外科手術によって解決していきました。

コミックスは全62巻まで発行されていて、58巻までの単行本の発行部数は900万部に達しています。

2009年にはテレビドラマにもなっていて、主人公の真東輝は平岡祐太さんが演じました。

物語のタイトルにもなっている「ゴッドハンド」とは、主人公の父親である真東光介につけられていたニックネームで、父親のように優れた外科医になるために努力する輝の姿が、物語の中では描かれています。

こうした主人公の成長が最終的に、物語の明るいエンディングにつながっていきます。

タイトルとURLをコピーしました