waifu2xを使用すると画質が落ちてる?その対策法は?

waifu2xを使用すると画質が落ちてる?その対策法は
スポンサーリンク

waifu2xの使い方

  1. waifu2xの使い方は、最初に本ソフトを立ち上げます。
  2. 入出力設定にて元の画像を選択します。次に、出力拡張子を選択します。デフォルトは、png形式です。出力深度ビット数を、8ビットと16ビットのどちらかを選びます。
  3. 変換モードは、ノイズ除去と拡大、拡大及びノイズ除去、自動判別型ノイズ除去から選べます。ノイズ除去レベルは、レベル0からレベル3までの範囲で選択可能です。高レベルがノイズ除去力が高まります。
  4. 拡大サイズは拡大率か、変換後のピクセルサイズにて設定します。モデルは、イラスト、写真、アニメの中から選択します。
  5. 分割サイズは64から512の間で設定でき、大きいほどメモリを消費します。
  6. エラーが起きるときは、分割サイズの数値を小さくします。バッチサイズは1から20の間で選択します。バッチサイズを大きくすると処理速度は速くなりますが、使用メモリ量が増加します。

waifu2xで画質を落とさない方法を見ていきましょう。

画質を落とさない使い方は?

waifu2xを利用して、画像の拡大処理をすると、時に、画質が落ちてしまうこともあります。

特に拡大するとぼやけてしまうという事例が多数報告されています。画像処理の仕組みから考えると、何も追加情報がない状態で画像を2倍に拡大するのですから、ボケても仕方がないという考え方もありますが、そこを、うまく保管するために、人工知能が活用されています。そのため、セッティング次第では、ボケを最小限に抑えることもできるのです。

最初のチェック項目は、モデルの設定です。

拡大する画像に従って適切なイラスト・写真・アニメから選択します。これを間違えると、人工知能も的外れな処理をしてしまいます。

次に、ノイズレベルの設定です。

必要がなければ、ノイズ除去レベルは最小に抑えます。ノイズ除去処理は画像をぼかす処理なのです。最後に、拡大率は必要最小限の拡大率に設定します。

最新の画像加工技術を体験しよう

ご紹介したように、waifu2xは人工知能(AI)を活用した、画期的な画像加工ツールです。

特に、拡大時には優れた性能を発揮してくれます。ノイズ除去性能も高く、ランダムノイズから、ジャギーノイズ、モスキートノイズに至るまでキレイに除去してくれます。

ぜひ、waifu2xを使用して新しい画像加工技術を体験してみてください!

タイトルとURLをコピーしました