スポンサーリンク

【僕等がいた】ネタバレ注意!16巻最終回のネタバレ感想【少女漫画】

スポンサーリンク

どんなストーリー?簡単なあらすじを紹介

小畑友紀先生の「僕等がいた」は映画化もされた人気漫画で、16巻で最終回を迎えています。まずは、どんなストーリーなのか簡単にあらすじを紹介します。主人公は平凡な女子高生の「高橋七美」です。

ふとしたきっかけで学校中の女子から人気を集める「矢野元晴」と出会います。七美は矢野に対して良いイメージを持っていませんでしたが、彼のことを知るうちに徐々に気になる存在になっていきます。

しかし、矢野には秘められた過去や謎があり、お互いの気持ちを確かめ合ったにも関わらず、2人の間にはさまざまな問題が起こります。

最終回、2人はどうなったの?

ここからは16巻の最終回のネタバレです。

最終回では七美と矢野はもう学生ではなく離れ離れになっています。矢野は愛犬と一緒に暮らし始め、七美にずっと片思いだった竹内も新生活を応援しています。

しかし、矢野は竹内の気持ちを気にして七美には近づけない状態です。竹内は七美に渡そうとしていた婚約指輪を矢野の部屋においていきます。海に指輪を捨てたようでしたが、実は入れ物だけを捨てていたのです。

矢野は七美の職場に電話をかけますが、誤解があってうまく伝わっていなかったため、電話がないまま新居を片付けていました。その時に捨てたはずの指輪と竹内からの手紙を見つけます。

数日後、七美はやっと矢野からの電話を知ります。何度かけてもつながりませんでしたが、やっと話すことができました。しかし、七美は電話中に階段から落ちてしまい意識不明になってしまいます。

矢野は急いで新幹線に乗り七美のもとへ駆けつけます。その後一緒に地元へ帰り、矢野は七美に「俺の家族になってください」とプロポーズし2人はやっと結ばれたのです。

タイトルとURLをコピーしました