ホリックわたぬき(四月一日)の正体は?漫画最終回の感想、ネタバレあり!

漫画・小説
スポンサーリンク

「xxxHOLiC」は、CLAMPが描いた少年漫画です。主な登場人物は、不思議な店を営む壱原侑子と、優れた霊能力を持つ男子高校生の四月一日君尋です。

和風の伝奇ファンタジーとして、絶大な人気を得た作品です。これから「xxxHOLiC」について詳しく説明します。

不思議な雰囲気が漂うファンタジー漫画「xxxHOLiC」

「xxxHOLiC」は2003年から2011年まで、講談社で連載された少年漫画です。「週刊ヤングマガジン」で連載されていましたが、2010年に「別冊少年マガジン」に移籍しました。

単行本全19巻が発行されており、シリーズ累計発行部数は1400万部を突破しています。「xxxHOLiC」を描いたCLAMPは、女性四人による漫画家集団です。主にファンタジー漫画を描き、数多くの作品がアニメ化されました。

1989年に活動を開始してから、根強いファンを持つ漫画家です。ここからは「xxxHOLiC」のネタバレになります。本作品の主人公は、壱原侑子と四月一日君尋です。壱原侑子は不思議な店を営む主人で、長い黒髪にスレンダーの美女です。

四月一日君尋はメガネをかけた男子高生で、名前の読み方は「わたぬききみひろ」です。四月一日君尋の悩みは、あやかしが見えることです。時には憑依されることもあり、この体質が治ることを望んでいました。

ある日、四月一日君尋は、壱原侑子が営む店に足を踏み入れます。そして、霊体質を改善する代わりに、壱原侑子の店でアルバイトをすることが決まりました。壱原侑子は、対価をもらう代償として、依頼主の願いを叶えていたのです。

四月一日君尋の正体と結末について

実は、四月一日君尋は異世界において特別な存在でした。あるキャラクターの分身であり、並外れた霊能力を持っています。

「xxxHOLiC」の重要な鍵となるキャラクターの分身が、時間を巻き戻す選択をした結果、生み出されたのが四月一日君尋です。

本作品の結末で、壱原侑子は消滅してしまいます。この世の者ではなく、すでに故人だったからです。四月一日君尋が新たな店主となったところで、物語は結末を迎えます。切ない終わり方に「感動した」と感想を寄せるファンは多かったです。

メディア展開を実現した「xxxHOLiC」

「xxxHOLiC」は独特の世界観と和風の絵柄が評判となり、大ヒットしたファンタジー漫画です。テレビアニメは2006年に第一期、2008年に第二期が放映されました。さらに、2005年には劇場版が発表され、大きな話題となりました。

ほかにも、テレビドラマ化や舞台化を実現して、複数のメディア展開に成功しました。ノベライズやオフィシャルファンブック、ゲーム化など幅広いジャンルで「xxxHOLiC」は商品化されており、たくさんのファンを獲得しました。

単行本全19巻は、電子書籍も配信されています。今すぐに「xxxHOLiC」を読みたいなら、スマホやパソコンで電子書籍を読む方法が便利です。

CLAMPの名作「xxxHOLiC」

四人の女性による漫画家集団CLAMPは、熱狂的なファンを持つことで有名です。ファンの間でも、「xxxHOLiC」は名作として知られており、今でも人気があります。

「xxxHOLiC」を読みたくなったら、電子書籍を利用しましょう。読者の感想を読んで、購読の参考にすることもできます。

タイトルとURLをコピーしました