話題の作品「ぬらりひょんの棲む家」とは?概要とネタバレ

スポンサーリンク

新しい形のエンターテイメントで注目!

「ぬらりひょんの棲む家」とは、e-Storyサービスであるpeep(ピープ)の運営を行っているtaskey株式会社が発表した作品です。

単なる映画やドラマといった既存の映像作品として公開するのではなく、シネマコンテンツという新しい形のエンターテイメントとして公開したことでも注目を浴びました。

シネマコンテンツとは、peep内で人気のコンテンツのことで、動画とテキストを組み合わせたコンテンツのことを指しています。映像の合間にはLINEや小説などのテキストコンテンツを挟み込む形をとっており、作品の新しい楽しみ方を提供しました。

「ぬらりひょんの棲む家」は、このシネマコンテンツとしては13作品目となっており、2020年9月4日に公開されました。監督はWAKU、脚本は大城密、主演は長江崚行、ほかのシネマコンテンツ作品に出演して話題となった野々村真の娘である香音が出演しています。

シリーズ作品となっており、その累計閲覧者数破35万人を超える大ヒット作品です。もともとは2018年7月に作品が公開され始めたのですが、その頃はシネマコンテンツではありませんでした。2019年にSNSで話題となり、人気に火がついたことからシネマコンテンツしたという流れです。

特に若年層からの人気が強く、視聴者のおよそ70%は24歳未満です。

ぬらりひょんの棲む家のライトノベルも登場

現在、作品の人気により実写をライトノベル化した電子書籍も登場しています。

ぬらりひょんの棲む家の概要

「ぬらりひょんの棲む家」が話題となったのは、シネマコンテンツという新しいコンテンツを利用しただけが理由ではありません。もともと作品を公開していたpeepにおいても、話題となっており、内容も人を引き込むものです。

大まかなジャンルで分けると、サイコスリラーに該当しており、人間関係の恐ろしさや人間の闇などを映し出しています。

話の主軸となるのは、長江崚行が演じる小山田和宏とその家族、そして一家と同じ家に住んでいる沼尻さんの一家との関係になります。主人公である小山田和宏は、大学で心理学を専攻していましたが、不眠症により体調不良となってしまいます。

医者の勧めもあって、夏休みを実家で療養しようと考えて、両親のその旨を伝えると、どうも不審な反応を返されます。家族の異変に気が付きつつも実家に帰ると、家族のほかに沼尻さん夫婦が実家に住み着いている状況でした。というあらすじです。

このあらすじから展開される話は、最終的にどんでん返しと胸に来る展開から人気となりました。

公開URL:https://peep.jp/stories/AXsZ4JEelauoIXaQ

タイトルとURLをコピーしました