スポンサーリンク

【プラレールアドバンス】生産終了、打ち切りの理由は?入手困難な生産終了品を徹底調査!

スポンサーリンク

レールの片側を走行する新しいプラレール

オーソドックスなプラレールは、レールにある2つの溝に左右の車輪をそれぞれはめて走行します。そのレールの溝ひとつだけを使用して走行させるように作られたのが、プラレールアドバンスです。

プラレールアドバンスはレールの片方のみで走行するため、1本のレールで2つの車両を個別に走らせることもできるのが魅力です。

また、レール半分に対応するということで、標準的なプラレールよりもサイズが小さくなり、Nゲージの本格的な情景部品とも組み合わせることができます。

単純に売れなかった

画期的なアイデアとして世に出たプラレールアドバンスですが、生産打ち切りになってしまったのは、単純に売り上げが好調ではなかったからです。

プラレールのメインターゲットはあくまでも子どもで、対象年齢は3歳以上に設定されています。対象年齢が低ければ、それだけ大勢の人に購入してもらえます。

自我が芽生え始めた子どもに買い与える家庭も多いでしょう。しかし、プラレールアドバンスの対象年齢は6歳以上に設定されています。

6歳といえばアニメキャラクターやヒーローなど、プラレール以外にも興味を引かれるものが多い年頃です。したがって、プラレールアドバンスは購入される可能性が減り、そこまで高い売り上げは記録できませんでした。

タイトルとURLをコピーしました