スポンサーリンク

【リベンジ】シーズン4で打ち切りの理由は?復讐の行方と最終回の感想【海外ドラマ】

スポンサーリンク

【リベンジ】どうしてシーズン4で打ち切られた?【海外ドラマ】

リベンジは綿密に計算しつくしたエミリーの復讐譚がストーリーのメインで、シーズン1から2は非常に視聴率が高かったといいます。同時期に放送されていたドラマの中で最も高視聴率を獲得していました。

また、一部の出演者はゴールデングローブ賞などへノミネートされるなど、人気の高い作品だったことがわかります。

しかし、残念ながらシーズンを重ねるごとに視聴率は低下し、シーズン4開始後から打ち切られるのではないかとファンたちの間でも話題となっていました。

シーズン4放送中の2015年4月30日、製作総指揮を務めるサニル・ネイヤーによって、2015年5月10日放送の第23話を最終回にすることが決まったと報道されています。

局との話し合いを続けていたけれど、第23話の出来がドラマのフィナーレにふさわしいと判断したため、最終回になったと発表されました。

【リベンジ】復讐の行方は?【海外ドラマ】

主演のエミリー・ヴァンキャンプの演技力の高さでも話題となっている今作の中で、一番の関心は、「復讐はどうなったのか?」ですよね。精神病院に入れられたビクトリアが脱走し、殺人に見せかけた自殺で死んだはずです。

しかし、それは彼女の復讐でエミリーを刑務所に叩き込んで二度と出られないようにするための策略でした。

エミリーはビクトリアを殺すために脱獄し、彼女のもとへ向かいます。ビクトリアも自分の命と引き換えにエミリーを二度と刑務所から出さないと決意していました。

監視カメラが家に仕掛けられているのも理解していながら、銃の引き金を引いたエミリーでしたが、彼女自身が復讐を完遂させたわけではありませんでした。

撃ったのは彼女の父、デヴィッドです。今までビクトリアに騙され、裏切られ続けていたことに疲れたのではないかと思います。

タイトルとURLをコピーしました