ホワイトカラーの打ち切りの理由とは?大まかなあらすじ、最終回の感想も調査!

ホワイトカラーの大まかなあらすじ、打ち切りの理由
スポンサーリンク

ホワイトカラーとは、2009年から2014年にかけて放送されたアメリカのテレビドラマです。

created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥3,791(2021/03/06 00:07:19時点 Amazon調べ-詳細)

ストーリーの面白さ、魅力的なキャラクターから、日本でも人気を博している海外ドラマと言えます。

ここでは、ホワイトカラーのあらすじ、打ち切りの理由について紹介します。

ホワイトカラーの大まかなあらすじ

ホワイトカラーとは、天才詐欺師のニールとFBI知的犯罪専門チームの捜査官であるピーターがタッグを組んで様々な知的犯罪を解決するバディドラマです。

ニールはある事件によって収監されるのですが、自分を捕まえたピーターにFBIのコンサルタントとして捜査に協力するという取引を持ち掛けます。その代わりとして、制限付きの自由を与えられるのです。

これまで詐欺師として培った犯罪テクニック、美術品への知識などを生かして、ニールは次々と知的犯罪を解決していきます。

ホワイトカラーの最大の見どころは、イケメン詐欺師と堅物でまじめなベテランFBI捜査官という対極の立場にいる二人が徐々に信頼を築いていく所です。

ピーターはニールを信用したいと思うものの、何かやらかすのではと常に不安を抱いています。一方のニールもピーターを徐々に信頼するものの、常に犯罪と正義の間で揺れ動きます。

ニールとピーターの華麗なる犯罪捜査はもちろん、二人の友情関係も大きな見どころと言えるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました