在宅ワークで楽なのはどれ?おすすめ初心者でも簡単な在宅ワークの紹介

楽にできる在宅ワークはどれがおすすめ?すぐ始められる仕事も紹介
スポンサーリンク

自分の生活スタイルに合わせて始めることができるのが在宅ワークですが、実際どのような仕事があるのか、何から始めれば良いのかわからないという方も多いでしょう。

ここでは、比較的楽な在宅ワークや始めやすい仕事について紹介していきます。

在宅ワークとは

在宅ワークとは

在宅ワークというのは、出勤やミーティングなどで外へ出る機会がある仕事と異なり、主な業務のほぼ全てを自宅内で完結させられるワークスタイルのことです。

種類は非常に豊富で、コールセンターに来る電話への対応委託や動画投稿に際する映像編集、ブログや企業のコラムで使用される記事制作などさまざまな仕事があります

在宅ワークだけで高い収入を得ている方も多く、副業だけでなくフリーランサーとして生活することにも適したワークスタイルの一つです。

ただし、平均収入はそれほど高くないので、誰でも稼げるというわけではないという点には注意しましょう。

在宅ワークのおすすめのサービス

「在宅と言っても、どこから仕事が発生するの?」という疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。

個人で案件を受注したり、知り合いの関係で仕事をもらったりと方法はさまざまですが、人脈や行動力に自信がないという方にはクラウドソーシングサービスから仕事を探すのがおすすめです。

企業が発注者として、一般のユーザーが受注者としてサービスに登録するもので、発注者が不特定多数に対して公開した仕事を、ユーザーが受注する仕組みとなっています。

在宅ワークに利用するメリットは、仕事のチャンスが大量にあるというところです。

フリーランスとして仕事をゼロから探すのは大変なので、日雇いアルバイトを探す感覚で案件を受注できるのは、在宅ワークをする上で便利だといえます。

クラウドソーシングサービスにも種類がありますが、中でもクラウドワークスがおすすめです。

公開されている案件の数が多いだけでなく、案件の種類も発注者と契約して仕事をするプロジェクト、アイデアを提案するコンペ、クラウドワークス上で作業が完結するタスク形式の3つに分かれています。

そのため、自分に合わせた案件を探して取り組むことが可能です。

在宅ワークを始めてからいきなり企業との専属契約をするのは難しいので、このように案件の形式が分かれているのは続けやすさや稼ぎやすさに繋がっていきます。

初心者でも楽な在宅の仕事は?

クラウドワークスではオペレーター業務やクリエイティブな案件までさまざまな仕事がありますが、初めの内は勝手も分からないので、簡単な仕事からする方が良いでしょう。

楽で始めやすい仕事として挙げられるのが、データ入力の仕事です。

作業になりがちなデータ入力をするだけなので、特に技術やスキルを必要しません。そのため、在宅ワーク初心者にもおすすめの仕事だといえます。

データ入力の在宅ワークで有名な会社にソフトブレーンフィールドの「レシート入力」があります。詳しくは別記事で解説しております。

データ入力と合わせて体験談執筆などの案件もおすすめです。

体験談案件は事前に下調べなどをしなくても、自分が体験したことのある事柄について書くだけで良いので、取り組みやすい仕事となっています。

パソコン操作よりも喋るのが得意な人は「在宅コールセンター」のお仕事もおすすめです。

在宅コールセンターの会社で有名なサービスが「コールシェア」です。

主に飲食店向けのアンケートの発信をしています。時間も自由なため主婦の方やコールセンターでの業務経験がある方に人気です。

  • 在宅でできるのでおすすめです。
  • コロナ禍で自粛ムードで需要高!

在宅ワークは未経験者の方にもおすすめです!

在宅ワークは専門的な仕事がありますが、一方で初心者でも取り組みやすい楽な案件も数多く存在します。そのため、「何か特別な経験がいるのでは」といった心配は不要です。

ここで紹介した内容を参考に、未経験から在宅ワークに挑戦してみるのも良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました