ヤマダ電機のコールセンターの仕事はきつい?口コミの評判

ヤマダ電機のコールセンターの仕事はきつい?口コミの評判
スポンサーリンク

コールセンターの仕事は一般的にキツいものと言われています。

特にクレーム処理が発生するものは謝り続けなければならない場合も多く、ストレスの溜まりやすいものです。

ただ、業種によってクレームの量は違ってくるため、どこでもそうという訳ではありません。ヤマダ電機のコールセンターではどうでしょうか。

ここではヤマダ電機のコールセンターの仕事についての口コミや評判を調査したので書いていきます。

コールセンターの仕事は主に2種類

コールセンターの仕事というものは大きく二つに分かれており、インバウンドとアウトバウンドがあります。

インバウンドはお客様からかかってきた電話に対応する仕事で、通常のお問い合わせ対応のことを言います。

アウトバウンドは営業活動に近い宣伝の電話で、コールセンター側からお客様に電話をかけるものです。

ヤマダ電機のコールセンターはインバウンドのため、アウトバウンドのように図々しいと言われる営業電話をかけることはありません。

その点を考えれば、コールセンターの中でもやりやすいカテゴリーに入ると言えるでしょう。 仕事内容は基本的にお客様からかかってきた質問に答えることになります。

家電店なのでテレビや冷蔵庫、炊飯ジャーなどの質問に答えます。商品の種類がたくさんあるだけでなく、その型番やシリーズによって返答内容が変わってくるため、広範囲の知識を求められる仕事です。

もちろんマニュアルもあり、それを見たり検索をしながら答えることになります。初めのうちはすぐに答えられない質問が多く、経験を積むまでは一回の電話をさばくのに時間がかかってしまいます。

ヤマダ電機のコールセンターの仕事内容

ヤマダ電機のコールセンターは大企業だけあって、設備も人材も充実しているという評判があります

特に経験のないうちは「詳しいものに代わります」といった形で引き継いでくれる体制が整っており、慣れないうちは自分で対応しなければいけない訳ではありません。

携帯電話の契約に関する問い合わせには、詳しい専門のスタッフに回していいルールになっているため、複雑なルールを全て覚えなくても問題ない体制になっているようです。

操作方法の質問なのか修理の依頼なのか、はたまた返品の話かという部分は質問を受けた段階で切り分けられているため、お客様がしっかりと選択していたのなら予想外の質問が来ることもありません。

来たとしても電話を転送すればいいので、オペレーターに余計なストレスが掛からない仕組みになっています。

コールセンターの仕事は退職率が高いので業務をやりやすいシステムが構築されており、特に働き始めてすぐのスタッフに対しては手厚いフォローがされているようです。

どうしても発生するクレーム対応

家電が理不尽に壊れてしまった時など、自分でクレームを入れたことのある人であれば分かる部分ですが、イライラすると人はどうしても相手に強く当たってしまいます。

特に高いお金を払っていて、自分に落ち度がないにも関わらず買った商品が壊れてしまい、使いたいと思っていたタイミングで壊れたりすると怒りは収まりません。

いかにお客様の怒りを鎮めつつ、問題を解決に導くかがオペレーターの手腕です。初めのうちは対応を代わってくれる上司や先輩も、次第に代わってくれなくなり自分で対応しなければならなくなります。

この辺りはどこのコールセンターも同じで、クレームへの対応を冷静に行えるようになると一人前となり、長く続けて行けるのです。

基本的な対策は練られている

ヤマダ電機はコールセンターの中でも営業をかけることもなく、体制もしっかりしているようです。

コールセンターという業種自体のストレスはどうしても掛かりますが、それを把握した上で対策が練られており、働くとしたらそういうところを選びたいものです。

コールセンターの仕事を探しているのなら

ヤマダ電機のコールセンター業務は環境が整っており、やりやすいお仕事になりますが、ここではヤマダ電機のコールセンター以外で簡単に始められるお仕事を紹介します。

コールセンター業務でしっかり稼げると有名なのが株式会社コールナビが運営しているコールシェアです。

完全在宅で飲食店への簡単なアンケートの発信業務を行います。

  • 在宅でできるのでおすすめです。
  • コロナ禍で自粛ムードで需要高!

通勤もなく、お家で気軽にお仕事ができると言う事で人気です。また、平均時給も1200円~2000円としっかり稼ぎたい人にも向いています。

空いた時間でお仕事ができるのでコールセンターのお仕事を探している方はコールシェアも検討してみてはいかがでしょう?

タイトルとURLをコピーしました