スポンサーリンク

【銭ゲバ】打ち切りの理由は視聴率?最終回の結末をネタバレ解説!【ドラマ】

スポンサーリンク

銭ゲバの打ち切りは視聴率が原因?

銭ゲバは2009年の1月から放送を開始し、9話で最終回を迎えました。ドラマの1クールは一般的に12話前後なので、噂通り打ち切りとなった可能性が高いでしょう。

打ち切りの原因としては視聴率の低さを挙げる声があります。銭ゲバの最高視聴率は第1話の12%、全9話の平均視聴率は9.9%です。これは2009年1~3月のドラマの中では低い方で、銭ゲバと同程度、もしくは銭ゲバより視聴率の低いドラマは軒並み9~10話で終了しています。

このことから考えると視聴率は打ち切りの一因となっているのかもしれません。また、そのほかドラマの内容が非常に暗いためクレームがついたのではないかなどの説もささやかれています。

銭ゲバのあらすじ

自堕落で放蕩者の父、病弱な母に囲まれ過酷な貧乏生活を送ってきた主人公の風太郎。母の病死後、風太郎は家を出て三國造船の工場勤務で生計を立てていました。

母や自分を貧乏に追いやった父と貧しさを憎み、金に異常なまでの執着を見せるようになった風太郎は、三國造船の乗っ取りを画策。

恐ろしい手口を使い、邪魔者と見なした人々を何人も手にかけながら目的達成のため突き進む風太郎、そしてそんな風太郎に疑念を抱く社長令嬢の緑、緑の妹で風太郎を愛する茜、風太郎を追う刑事の荻野、風太郎の前に現れ翻弄する父の健蔵など、さまざまな人物が錯綜し、物語は予期せぬ方向へと転がっていきます。

タイトルとURLをコピーしました